Gスポットを必死に探す女子大生

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20歳 女子大生京都 宇治市YYC2016.08.10

もっともっと気持ちよくなりたくて

ホテルに入ったら、シャワーも浴びずに始めた。

寒い季節で汗をかいていないという理由もあったが、初対面でまだ和んでいない雰囲気を少しでも熱くするため、とにかく盛り上がるものが欲しかった。会話では白けてしまう。さっさと男と女になったほうが早い。

初対面の女、昨日までは道ですれ違っても無視したであろう女とセックスする。こういう破天荒なセックスをしていると「セックス」というものの本質がくっきりと見えてくる。その気になれば初対面でも簡単にセックスできるという背景には、男と女がしょせん雄と雌に過ぎないという事実がある。

少しずつ裸になって、少しずつ快感が増し、ベッドに横になった。

すると彼女がこんなことを言った。

「Gスポットに触って」

口数の少ない彼女だったが、いきなりそんなことを言いだした。

「Gスポットか。聞いたことはあるがよくわからないな」

Gスポットは尿道海綿体のことで、膣口から3~5センチほど中に入った膣前壁にある。クリトリスや乳首のように限定された部分でなく、そのあたり一帯が性感帯なのだ。うまくするとクリトリスよりも刺激的で、挿入時の快感が倍増するとか。

俺は彼女のリクエストに答えるべく、指を鍵型にして膣に入れた。

何度も指を入れて探したが・・・

「この辺かな」

「ああん・・・気持ちいいけど、他の部分とあまり変わらない」

仰向けになって脚を開いた女の膣をいじっていると、婦人科の医師になったような気になる。

「ここはどうだ」

「・・・・・・」

何度も指を出し入れして探すが見つからない。というか、彼女がとりたてて感じないから、Gスポットは見つからなかったことになる。

「普通にセックスしてもいい? もう我慢できなくて」

膣の中を弄っているうちに、俺の興奮はピークに達していた。前戯は十分だったので、ゴム付ちんこを挿入して男と女になった。

Gスポットは訓練して開発しなければ性感帯にはならないらしい。未開発の女が「Gスポットに触って」と言っても無理な話なのだ。Gスポットは探すものでなく作るもの。俺と彼女はそれからセックスするたびにGスポットの開発にいそしんだ。

初対面の男と女が最初に始めた営みはGスポット探しだった。

Gスポット探しから交際が始まったと言っていい。

いかにも男と女、雄と雌という気がして興奮する。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2016最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ