いわれのない着信拒否。もしかしてやり逃げ女?

いい女から誘惑されるのは男子最高の幸福ですかね

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
28歳 動物病院スタッフ沖縄 浦添市沖縄 2016年10月20日

沖縄の浦添市に引っ越してから、出会い系でいい女に逆ナンされた。

沖縄風の堀の深い顔をした、エキゾチックな美女だった。俺の写真を見て都会の香りがすると言われ、会いたいと言われたのだ。俺としても沖縄の匂いがする彼女が気に入ったので、ある意味相思相愛状態でデートした。

彼女の車でドライブし、海沿いのホテルに入る。

すでに夕方になっていて、2回セックスしたら暗くなってしまったので、そのままお泊りしようということになり、朝まで合計4回セックスした。

「君のような女性に出会えてよかった。沖縄に来てよかった」

「私のほうこそ、沖縄に来てくれてありがとう」

翌日は土曜日だったが、彼女は午後から仕事があるらしく、朝食後近所まで送った。俺は今晩あたりゆっくり電話して、この次のデートの日程でも立てようと思っていた。

ところがその晩、彼女の携帯にかけてもずっと話中なのだった。

「ツー・ツー・ツー・ツー・ツー」

何度かけても同じ。1時間くらいあけても同じ。2時間たっても同じ。メール送っても返事なし。

「ツー・ツー・ツー・ツー・ツー」

もしかして着信拒否?

理由がわからない着信拒否。嫌われたとは思えないんだけど

翌朝また電話したが同じだった。午後になっても同じ。

事故か何かに巻き込まれたのではないかと思ったが、ずっと話中というのも変なので、これは着信拒否されているのだと疑わざるを得なかった。俺は何か彼女の気に障るようなことを言っただろうかと、昨日の出来事を最初から最後まで思い出したが、これといった瑕疵は見つからない。

セックスがまずかったのか?

おっぱいを強く揉みすぎた? 彼女がイケなかった?

そんなことはない。記憶の中の彼女のアヘ顔を分析するに、彼女は少なくとも2回はアクメに達したはず。乳首が最も感じるらしく、舐めたりかんだりしたら狂ったように悶えた。

―俺は嫌われるようなことは何ひとつしていない―

ところで彼女の携帯電話の反応に変化が見られた。話中のツーツー音が消え、代わりに以下のようなメッセージが流れるようになったのだ。

「この電話は、お客様のご希望によりおつなぎできません」

このメッセージが2回流れ、自動的に通話が切れる。

調べたが、これは某携帯電話の着信拒否サービスで、相手につながる前にシャットアウトされているようだ。

彼女はもしかして「やり逃げ」したというわけか?

一晩限りのアバンチュールを楽しんだだけか?

沖縄に来て良かったのか悪かったのか。

沖縄のまぶしい夕日を見ながら大きくため息をついた。

今回の利用サイト [YYC]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ