お泊まりのとき俺の朝立ちを見て彼女がしたこと

セックス二回やってぐっすり眠ったお泊まりの夜

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30歳 書店勤務東京 荒川区ワクワクメール 2022年7月20日

昨日、出会い系で知り合った女とラブホテルでお泊まりした。

ワクワクメールで知り合ってから四日目の夜、コロナ対策をしっかりしている居酒屋があると彼女が言うので飲みに行った。透明のパーティションがあって多少会話しづらいけど安全らしい。

確かに会話がしづらく、大声で喋ってしまい逆に危険ではないかと思ったが、客の数も少ないので大丈夫と思った。

「あまり話ができなかったね。どこかで軽く飲み直そうか」

「そうね」

居酒屋でなくてラブホで飲もうという話になり、コンビニでビールや酎ハイを購入してお泊まり覚悟でラブホに入った。

書店勤務という地味な職業だったが根はスケベなようで、部屋に入ったとたん表情がエッチモードになる。俺はそのスケベ目線にそそられて酒そっちのけで彼女に抱きついた。彼女も俺を受け入れセックスに突入した。

セックスは二回してそのまま寝たが、翌朝の俺の「朝立ち」をきっかけに三回目が始まった。顛末はこうだ。

寝起きのフェラチオはくすぐったかった

寝たのは一時頃だったろうか。セックス二回とおしゃべりでそのくらいの時間になってしまった。翌日はふたりともオフなのでまったりした朝を凄そうと思った。

目が覚めた。

ラブホには窓がなく朝の光は届かないが、何となく朝の気配を感じる。

(まだ眠いな……もう少し寝よう)

二回戦のあとブリーフを穿かずにフルチンのまま寝てしまったっようだが、そのままにした。

それからどのくらい経っただろう。何となく陰茎がむず痒くなり目を覚ますと、彼女がフェラしていたのである。朝立ちチンポを発見したのだろうか、そのスケベな書店店員は待ってましたとばかりに咥えたようだ。

「お、おい……油断も隙もねえな」

「だって立ってるんだもん」

「それは朝立ちだ……欲情したわけじゃない」

「うそ。エッチな夢見てたんでしょ」

朝立ちのちんこは立派に勃起し、そのままセックスに突入した。

時計を見ると6時半だった。

行為のあと、少し寝た。

その書店勤務の女は、こっそりと朝立ちちんこにフェラをした。

凄い女だ。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2023最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ