とりあえず抜くだけならカーセックスで十分

出会い系の女とドライブしていたら急に抜きたくなって

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 パート(大手ショッピングモール)東京 足立区yyc 2021年10月6日

昨日カーセックスをした。トイレで用を足すような、簡易的なセックスだったけれどもあれはあれでよかったと思っている。

その女と知り合ったのはYYC。車が趣味の俺は彼女とドライブに行きたくなって、三浦半島のほうに遊びに行こうと誘った。

「いいね、山手のドルフィン?」

割とロマンティックなムードが漂う中、車を走らせた。春先の青空がまぶしく、窓から入ってくる風も美味しい。光が彼女にあたると白い肌が透けて見え、Fカップはありそうな胸の隆起がいやでも目に付く。

―うう、エッチしたい―

ロマンティックな空気がすっと引いていき、なぜか知らないがムラムラと性欲がわき起こってきた。

―このままラブホに連れ込んだら嫌われるだろうな―

俺はムラムラを抑えながら運転した。

彼女もとりあえずハメたかったみたい……気が合う二人

ムラムラは残っていたものの、休憩でお茶したりお昼ご飯を食べたりして、まあまあ楽しい時間がすぎた。海を見えてきて、ロマンティックな雰囲気も戻ってくる。だが車に乗るとだめで、風にのって彼女の髪や肌の匂いが漂ってくると、エッチな感情がわき起こる。胸をちら見する。太股をみる。

―ああもうだめだ……とりあえず抜きたい―

海沿いの人気のない場所に車を停め、唇を奪った。意外にも彼女は抵抗せず、自ら舌を伸ばしてきて、乳に手をやったら自らブラウスのボタンをはずした。

そのカーセックスはものの10分で終わった。

「ごめん……ついムラムラして」

「わたしも何だか変な気分だったの」

彼女もとりあえずハメたかったようだ。

本来ならそれからラブホに移動して二回戦となるのだろうが、俺たちはそうならなかった。とりあえずの性欲を放出すればそれでいいみたいな感じで、ふたたびロマンティックな気分に戻る。

ドライブでおしゃべりして食事して、そしてカーセックス。そしてまたドライブで楽しい時間を過ごす。カーセックスはお茶や食事、おしゃべりと同じレベルのデートメニューなのだと知った。

おれたちはカーセックスを自然に受け入れられるカップルなのだろう。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ