どんな高価な勝負下着でもかなわない人妻のあのパンティ

会うたびに穿いてくる高価な勝負パンティ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代後半 専業主婦大阪 堺市PCMAX 2022年6月16日

PCMAXで知り合った30代後半の人妻と付き合っているが、彼女も最近人妻らしくなった。

ここに来て初めて、俺は人妻の不倫を楽しんでいるのだと自覚している。

理由はこのあと話す。

彼女はもともと不倫願望があり、出会い系サイトに登録する前から近所のコンビニの店員やパート先の男性社員などにモーションをかけていたようだが、いずれも失敗し、PCMAXにやってきた。

そんな不謹慎な女であるから落ちるのも早く、俺が声をかけたらすぐにエッチモードになって「私はいつでも会っていい」みたいな色よい返事が飛んできた。

翌日会い、軽くお茶してからラブホテルに行った。

そのとき人妻が穿いていたのは豪華な勝負パンティだった。

水分吸収が悪そうなナイロンっぽいパンティで、見た目はエロイが「見せるためのパンティ」であり、逆に味気ない。

人妻は会うたびにその手のパンティを穿いてくる。

俺にはどこか物足りなかった。

セックス七回目でようやくお披露目……これぞ人妻のパンティだ

だが会うごとに慣れてくるのか、いちいち勝負をかけなくても自分の男にできたのだと思うのか、勝負系を穿かなくなった。

それは出会ってから通算七回目のセックスのときだった。

それは見た目の服装にも現れていた。

いつもはセクシー系のワンピースや胸がはだけた大胆なブラウス、ヒップラインが強調されたピチピチのタイトスカートが多かったのだが、その日は普通のロングスカートに地味なシャツだったのである。メイクもファンデーションだけで、どこにでもいそうな専業主婦になっていた。

「今日は普通なんですね」

「ごめんね……時間なくてバタバタして出てきちゃった」

「いや、それでいいです。ありのままの奥さんが好きですから」

そしていつのもラブホでベッドイン。

スカートを脱いだあとに出現したパンティは、あの安物のベージュ色のパンティだった。

一枚税抜き398円くらいで買える、あのパンティ。

スーパー二階の婦人服売り場で無造作にぶら下がっているあのパンティ。

醤油や鰹だしの匂いがしみたあの専業主婦パンティ。

俺はそのパンティに頬ずりした。

やっと人妻に出会えた気がした。

「今日は何だか一生懸命ね……」

「奥さんが好きです」

俺は今、PCMAXで知り合った人妻と不倫している。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ