なぜオタク女子のセックスは面倒くさいのか

エロ漫画が好きな女子大生と出会った

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
22歳 女子大生岐阜 岐阜市yyc 2017年10月8日

出会い系で知り合ったその女子大生の趣味が「エロ漫画」だと知ったとき、嫌な予感がしたが、事実その通りになった。

エロ漫画を愛読するようなオタク女子がみんなそうだとは限らないが、面倒くさいセックスをする女が比較的多いと思われるので警告しておく。

出会い系でオタク女子と知り合った際には要注意。

ちなみに彼女がエロ漫画と知り合ったのは大学入試の頃。

ストレス解消で漫画を買いにコンビニに行ったら、買おうと思っていた漫画雑誌が売り切れで、かわりにエロ漫画を買ったのだとか。表紙の男の顔が可愛かったから惹かれたらしい。

その衝動的に買ったエロ漫画は、彼女にとって最高のストレス解消になった。

それを見ながらオナニーすることもでき、欲求不満の解消にもなった。

大学に入学して以降も、エロ漫画を欠かしたことはない。

クリ責めでイッてから膣責めでイキたいの

エロ漫画が好きなオタク女子であるから、そもそもスケベ女子。即エッチを提案した快諾してくれた。いつもエロ漫画というバーチャルの世界にいるような目つきをしていて、彼女自身がアニメの世界の登場人物を演じているような印象も受ける。

「部屋に入ったらね、いきなり抱きしめてキスしてね。そこでディープキスして、我慢できなくなった男性が女性をベッドに押し倒すの。そうしたら女性が『いやいややめて』って言うけど、それは本心じゃないのよ」

面倒な女だと思いながらも、とりあえずセックスさせてもらえるのだから文句は言うまいと彼女の手を引いた。

ベッドインまでの手順はシナリオ通りに進んだ。俺の本意でない進行で、俺自身も何かの役を演じているような変な気分だった。

「挿入する前にクンニでイカせてね。クンニでイッてから、膣挿入でイキたいわ」

クンニを始めるが、俺が下手なのか彼女の感度が悪いのかなかなか達しない。しまいには「いいわいいわ・・・イッたことにしとく」と言って、挿入を許した。最終的に彼女がイッたのかどうかわからないが、俺はちゃんと射精することができた。

「コンドームは女性の目に触れないようにティッシュでくるんでさっさと捨ててね」

女は使用済みコンドームを見たくないのらしい。本当かどうか知らないが、愛読中のエロ漫画に出てくる女がその手の女の子である可能性が高い。

バーチャルの世界に生きるオタク女子は、架空と現実の境目で生きているので、その分面倒くさいセックスをすることがわかった。

彼女とはその日限りだった。

彼女もそれでOKしたが「後からまた私に会いたくなってメールしてきてもいいのよ。そのときは遠まわしに再会OKって言うから」と早口で言った。

再会はない。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ