ぽっちゃり娘を抱くと思い出す母の愛

なぜぽっちゃりした体は母なる存在を想起させるのか

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 アルバイト(ペットショップ)群馬 高崎市yyc 2018年8月20日

別に母親がぽっちゃりしていたわけではない。栃木の実家に住む母親は痩せていて、昔から体型に変化はない。だがぽっちゃりした女を抱くと、なぜか母を思い出す。これが不思議で仕方ない。

YYCで4歳年下の女と知り合ったのは二ヶ月前のことだ。別に意気投合したわけではないが、他に相手もいないので惰性でメール交換するうちに写メを交換しようということになって、連絡手段をLINEにした。写真を見たら、彼女の顔は丸かった。

「ぽっちゃり系なんだね」

「そんなこと言わないで…気にしてるのに」

彼女は自分の体型が嫌いらしい。

「僕は嫌いじゃないよ…ぽっちゃり系でよかったと思ってる」

これは嘘じゃない。色白で目が大きくて、かなり可愛い系のぽっちゃりだった。妙に安心した。とても温かいものがそこにある気がした。なぜか母を思い出した。母は痩せているのに、なぜ母を想起するのだろうか。

年下なのに、ついつい甘えてしまう

彼女も俺の顔が別に嫌じゃないと思ったようで(俺がぽっちゃりを褒めたことに扇動された可能性もあるが)会うことになった。初デートは人気があまりない公園の散歩。彼女のリクエストで、派手なことが苦手なのだと言う。そういう彼女の心の琴線に触れると、ぽっちゃりがますますぽっちゃりに見えてくる。顔は丸いが、体も丸い。しかしデブではない。生で見ても愛らしいぽっちゃりだ。

肉体関係になったのは出会ってから一ヶ月後のことだった。実際は十日ほどたったときにラブホテルに誘ったのだが「なんか早すぎる」と言われてあきらめた。その後二十日たってまた誘ったら「お任せします」言われた。その前日に「君と知り合った俺は世界一の幸せ者だ」と言ったことに扇情された可能性もある。

ところで俺は彼女とのセックスで長く持続できたことがない。彼女を歓ばせようとか、何度もイカせようとかあまり思わず、なぜか自分勝手なセックスに走ってしまう。童貞ではなかったが、限りなく童貞に近く、限りなく子供に近い男になっていた。

「ひろみを抱いていたらどうしてもガキっぽくなっちまう…」

といって、母の体に潜り込むように抱きしめる。抱いているのは俺なのだが、だんだんと抱かれているような気になってくる。ふくやかなぽっちゃりは、幼児期に味わった母の温もりを思い出す。

ぽっちゃりは母の愛に満ちている。

あれから年下の彼女に甘えてばかりだ。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ