もう一度キスしたい。不倫温泉旅行で味わった人妻のモチ肌

一夜限りって約束してくれるなら温泉にお付き合いします

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
34歳 主婦秋田 秋田市pcmax 2017年9月21日

出会い系で人妻とメル友の関係になった。写メを交換したが、色白の秋田美人。30代の魅力に満ちた妖艶なモチ肌美人だった。夫とはセックスレスで欲求不満を解消しに出会い系にきたのだが、基本的に不倫するつもりはないと言う。こうやってメール交換したり、たまにお茶だけ楽しんでプチ不倫をするだけで満たされると言う。

でも根っからの人妻マニアである俺はそれでは満たされない。人妻との交流はセックスして成り立つ。お茶だけなら会わない方がまだまし。

俺は彼女を説得し続けた。一泊で温泉に旅行をする予定があるのでぜひ一緒に着て欲しいと何度も何度もお願いした。

そして彼女がやっと折れた。

「一夜限りって約束してくれるならお付き合いします」

一夜限り。でも何もないよりまし。

俺はその条件でいいと言った。彼女は「一夜限り」という言葉を何度も連発した。不倫を絶対に避けたいらしい。

湯上り奥さんの香り豊かなモチ肌

本物の彼女は俺を裏切らなかった。

写メと同じモチ肌美人。顔も首も、手足も白く、艶があって潤い豊富。水が滴る美人という表現があるが、それは彼女のことを言っているのだと思った。

不倫は避けたいが、この一夜を大切にしたい。彼女にはそんな気概が見られた。植物図鑑で見たことがあるが、アルカンタレアやクリンジの花は十数年に一度しか咲かないらしい。彼女はその希有な花に見えた。セックスレスで女になる機会に恵まれない上、不倫をかたくなに避けようとする良妻は今、密かに花を咲かせようとしていた。

湯上がりの浴衣姿に欲情した俺は、今にも仲居が入ってきてもおかしくない時間帯であるにも関わらず、彼女のモチ肌を求めた。裸にして全身にキスし、感じやすい女の部分を丹念に舐めた。

モチ肌はほんのりと赤くなり、欲情し、妖しい花を開く。

「強く抱いてくださる? そう・・・激しく激しく」

もしかしたら仲居が来たかも知れないが、俺はかまわず人妻を求めた。

朝になったら旅館の中で別れた。それから彼女がどうやって帰宅したかわからない。

ああ、もう一度会いたい。

もう一度あのモチ肌にキスしたい。

でも一夜限りでよかったのかもしれない。あの妖しい花は、俺の記憶の中で永遠に咲き続けるだろう。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ