もりまんとマ×コの対決はマ×コの勝ち

もりまん好きの男はもりまんを楽しみながらエッチしたい

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 不明東京 府中市yyc 2020年6月8日

ぷっくり盛り上がった恥丘、ないし陰唇のことをもりまんと呼ぶ。「盛り上がったマ×コ」のことだ。それはマ×コの一部に違いないが、マ×コとは別の部位のような気がする。その肉の隆起そのものが性的興奮を誘うからだ。もりまんには穴がない。いや穴がなくていい。盛っていれば。

僕はもりまんが好きで、女性が薄着になると、必ずそこに目がいく。夏場など女性がスリムなスキニーパンツやぴちぴちのジーンズを履いたりすると、必ず恥丘に目がいく。

YYCで女をナンパしたときもそうだった。女はタイトスカートを履いていたが、風が吹いてそこに当たると、もりまんがぷっくりと盛り上がっているのが確かめられ、ドキッとした。ぜひあのもりまんをいただきたい。俺の視線と感情は彼女の隆起した恥丘にあまねく注がれた。

「ラブホ行こうよ」

言うと女は良いのか悪いのか何も返さず、すんなりと俺の後ろから着いてきた。たぶん体目的なのだろう。

どうせならもりまんを楽しみながらエッチしたい。

でも、いざ挿入したらもりまんなんて気にならなくなる

膨らんだ恥丘には筋にそって毛が密集。クリトリスのあたりで毛が消え、マ×コの周辺に短くて薄い毛がちょろちょろと生えている。左右かたちの異なる陰唇がめくれ返っているのは遊んでいる証拠。色素沈着でどぎつい色をしているのは、ハメ経験が豊富な証拠。そのもりまんはヤリマンだった。

俺はもりまんを揉んだり舐めたり匂いを嗅いだりして楽しんだ。もりまん好きにはこいういった前戯プレイが必須になる。その行為で女がそれだけ感じているのか未知数だが、それをやらねばセックスした気にならない。

一通り遊んだら、こんどはマ×コだ。

勃起ペニスを穴にあてがい、にゅるんと挿入。奥まで突っ込んでずこずこピストンを楽しむ。

「あんっ、あ、あ、ああんっ……気持ち、よすぎっ」

「おお……気持ちいい……おまえのマ×コスゲえ」

挿入してピストンしていると、あれだけ遊んだもりまんのことなんて忘れてしまう。

結局はもりまんよりマ×コのほうが気持ちいいのだ。

もりまんVSマ×コの対決は、マ×コの勝ち!

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ