エッチ願望を秋波で送る大人しい家事手伝い

出会いがないままアラサー世代に突入しちゃいました

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
27歳 家事手伝い岩手 奥州市wakuwakumail 2017年8月3日

出会い系の奥州市エリアで出会った彼女は大人しく口数の少ない女性だった。過去の何かを引きずっているような暗い印象があった。

「今まで出会いはありませんでした。出会いがないまま、アラサーになっちゃいました」

短大を卒業して盛岡の信用金庫で働いていたが、上司に色声をかけられて不倫に巻きこまれそうになったので、退職して実家に戻ったらしい。彼女にはまったく非のない理不尽な退職だったが、もともと信用金庫の仕事が好きになれなかったので後悔はないという。

出会い系に来たのは彼氏探し。俺が最初の男らしいが、口数が少ないので俺のことをどう思っているのか掴めず、これからどう展開させるべきか迷う。

「その上司と不倫していれば流れが変わったかもしれないね。とりあえず女になれたかもしれないし。人間が人生で経験することに無意味なことは何もないよ」

話題がないので戯れにそんなことを言ったら表情が変わる。

「でも不倫はいやです」

表情はやがて女っぽくなり、俺を甘い目で見つめるようになった。俺の発言が彼女の何かを刺激したのかもしれない。

彼女が送ってくる秋波をどう受け止めたらいいのだろう。俺に対する無言のメッセージとも受け取れるが、上司を思いだしているのだとも受け止められる。ひょっとして上司と肉体関係を持ったことがあるのではないか。甘い瞳を見ながら色んなことを考える。

やっと口にしてくれた「エッチしたいです」

相変わらず秋波を送り続けるが、それに伴う言葉がないので俺も態度を決めかねていた。

だがそうしていても仕方ないので賭けに出た。

「僕は貴女と付き合ってもいいと思っています。貴女はどうなんです? 僕とどうなりたいですか」

「ええ?・・・・どうなりたいかって・・・言われても」

うつむいてまた黙る。

「本心を明かしてくれなかったら、僕は貴女を拒絶せざるを得ない。だってどうしたらいいのかわからないから」

そう言って脅す。

すると60秒ほどして、腹の底から搾りだすようにこう言ったのだ。

「エッチ・・・したいかな」

やっと言ってくれた。

「だったら話は早い。ホテルに行きましょう」

彼女の顔が一段と女っぽくなった。

彼女は処女だった。痛がったが、幸せそうな顔をしていた。上司とは何もなかったことがこれで明らかになり、なぜかほっとした。

ところで俺がペニスに付着した血液をハンカチで拭くと、彼女があわててこう言ったのだ。

「それ・・洗濯します。私が洗濯します」

「いいよ・・・自分でやるから」

「私が洗濯したいです」

自分の汚物を男に渡したくない気持ちはわかるが、アラサー処女の貴重な証を持って帰りたいという奇妙な願望もある。

「大丈夫。他の洗濯物と一緒に洗えば済む話だから」

「絶対に洗ってくださいね」

「洗うさ」

「絶対に洗ってくださいね」

しつこいまでに彼女はくぎをさす。

でもその汚れたハンカチは、洗わないまま手元にある。その血液は色こそ変色したが、初セックスの生々しさをそのまま残している。その痕跡を見るたびに、初対面の時の無口な彼女を思いだし、改めて彼女を大事にしないといけないと思うのだ。

彼女と出会って約2カ月になるが、今では何でも明るく話してくれる。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ