エロい高校教師の三角地帯を凝視した結果

男なら必ず目がいく三角地帯の魅力

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
29歳 高校教師福島 郡山市pcmax 2017年8月7日

一度退会したPCMAXに再登録して彼女を探すことにした。2ヶ月前に登録して30代の女と知り合い、それを機会に退会したのだが、結局その女とはセックスできずに終わってしまった。

俺には女性の身体の部分を凝視する性癖があり、彼女はそれを視姦と受け止めて俺を拒んだ。変態だと思ったのか、身体を許すどころか心も閉ざし、出会って1ヶ月で破局。

ところで俺は彼女のどの部分を見つめたか。

下半身の三角地帯だ。

Gパンを穿いていた彼女の三角地帯はもっこりと膨らみ、形がよく、俺は毛の密集した恥丘を想像した。

男なら俺の妄想は理解できるだろう。男ならば必ず女の三角地帯に目がいくはずだ。

だが彼女はそれを嫌い、俺から離れた。

三角地帯を見つめられて嫌がる女 嫌がらない女

さてPCMAXに再登録したあと、高校で世界史を教えているという教師に出会った。知的なまなざしで近寄りがたい印象もあったが、細身のわりに尻や胸がぱんと這っていて美味しそうな女だった。

クラシックな喫茶店のカウンターでお茶を飲みながら、どうでもいいことを会話する。BGMはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番だったと記憶している。

その曲が第二楽章アダージョに移ったとき、俺の視線は三角地帯にそそがれた。

スカートだが裾を股に挟むような座り方をしていたので、三角地帯にかすかな膨らみが確かめられた。俺は会話しながらその部分を凝視した。

―もっと裾を下の方に引っ張ってほしい―

そんなことを思いながら見つめる。

彼女は俺の視線に気づいたか、もじもじしながら脚を組み直したり、立ち上がって座り直したりした。しかも不思議なことに彼女が何かするごとに三角地帯が三角地帯らしくなっていくのだった。彼女自身が俺を刺激するためにあえてそうしているのではないかと思ったほど。

俺はじっと視た。

すると彼女が小声でこう言ったのだ。

「だめ・・・」

目を見ると甘いものが浮かんでいた。

―この女は性的に興奮している―

それから俺はその世界史の先生との即マンにありついた。

三角地帯を見つめたことで彼女もその気になったのかもしれない。

女の部分への視線を嫌がる女もいれば嫌がらない(むしろ興奮材料として受け止める)女もいる。

前者に当たったら破局だが、後者だったら即マンだ。

三角地帯は紙一重。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ