オナニーのことを「オナニング」と呼ぶ人妻

セックスレスで毎日オナニングばっかりだったのよ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代後半 主婦高知 安芸市mintj 2020年10月15日

いやエロい人妻に出会っちゃったな。

見た目は対したことなく、身体も痩せ形で肉付きはよくなかったけど、どこかエロい。奥のほうにエロさがあるというか、人妻らしさがあるというか、彼女とは即エッチしたんだけど、ずっと興奮しっぱなしだったな。

その人妻とはミントC!Jメールで出会ったんだけど、彼女が出会い系に来た理由は夫婦のセックスレスだった。珍しい話じゃなくて、けっこうポピュラーな理由なんだけど、その告白の中で使われていたワードにドキッとして、人妻のエロをそのとき感じたよ。彼女はこう言ったんだ。

「セックスレスで毎日オナニングばっかりだったのよ」

オナニング。

もちろんオナニーのことなのだが、オナニーを「オナニング」と呼ぶ女に初めて会った。

オナニング……。

いかにも性欲発散の方法として、しかたなくオナニーしているという風情の響きがある。オナニーしたいのでなく、オナニーしなければならない、みたいな。

トレーニング、カウンセリング、リスニング……。

オナニングはそのワードたちの仲間だ。

人妻の「オナニング」を想像しながら俺もオナニング

さすがオナニングしていただけあって、彼女の女性器は現役だった。セックスレス一年半とのことだったけど、マ×コはあっというまに仕上がった。潤沢な愛液を滲ませ、俺の男根を咥えるや、奥(子宮)のほうへとにゅるにゅる導いていく。俺は薄い乳を吸いながら、無心で固いものを奥に送り続けた。

「な、生で出して、いいですか?」

「いいわ生で出して……わたし妊娠しにくいから」

妊娠しにくいというのもセックスレスの原因だと人妻は言う。セックスを子作りの手段と考えた夫の心理が今の夫婦を招いている。そしてその現実が彼女をして「オナニング」に走らせた。

人妻とのセックスは最高に興奮したが、その後も興奮が消えなかった。

俺は自宅で彼女(人妻)の「オナニング」を想像しながらオナニングをした。

これで何度も抜けた。

ああオナニング。

人妻のオナニング。

ああ。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ