コロナで引きこもった者同士でテレフォンセックスしてます

サイトで出会ったけど会いに行く気になれなくて

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
21歳 不明山梨 富士吉田市ミントC 2022年11月30日

新型コロナウイルスは社会に深刻な影響を与えた。働き方を変え、人間関係を変え、生き方をも変えたと言っていい。見えない菌は人々の人生に深く入り込み、見える形で変容させた。

男と女の関係をも変えたといって過言ではない。

コロナ前は出会い系で知り合った女に速攻で会いに行き、欲望にまかせて抱きまくったが、最近は積極的になれなくなった。まさか俺が引きこもりになるとは思わなかった。バイトをやめ、定職にもつかず、ずっと家の中だ。

だが引きこもりもまた、今までにない価値(快感)を生み出している。

引きこもりの中でも俺は出会い系サイトで女を探していた。引きこもった自分の殻の世界で世間の女を見るのもまた一興。俺はとある女に出会った。

彼女もまた、引きこもり女子だった。

メールの会話では相性が良さそうだったが、会いにいく気にはなれなかった。

彼女も同じらしく、このシチュエーションのまま男女関係を楽しむことになった、

毎晩電話で30j分くらいテレフォンセックスしています

相手はミントC!Jメールの女。職業は不明だが年齢は21歳。最初の緊急事態宣言以来引きこもっているらしいからかれこれ2年以上になり、おそらく職業はもっていないだろう。でもそれはいい。引きこもりの俺にとって、彼女はおのれの殻のむこうにいる女に過ぎない。

「会わなくていいよね」

「いいよ……面倒だし感染こわいもん」

外に出ればいつコロナウイルスが侵入してくるかわからない。しかし引きこもっていれば安全。ここにいればコロナには会わない。しかし女には会える。間接的にだが。

メールや電話で話すうちに、自然とエッチな雰囲気が醸し出されていく。たがいに殻にこもっているから、それは顕著だった。引きこもりは、体の奥底に眠っていた性欲を容易に浮き上がらせるらしい。

「クリトリス触ってみて」

「じゃあおちんちん握って……」

「もうフル勃起してるよ」

「じゃあいっしょに気持ちよくなろう」

「おれのちんぽが君のまんこに入っている状態を想像して」

そんな感じで毎晩30分くらいテレフォンセックスしている。

コロナ前はこんなことしなかった。

どうせセックスするなら生がいい。

しかしテレフォンセックスも悪くない。

コロナは人のありかたを大きく変容させた。

男女関係も例外ではない。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2023最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ