セックスしたら急に元気になった専業主婦の佐奈恵さん

セックスに誘いにくくて、会ってもお茶だけの日々

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
36歳 専業主婦神奈川 鎌倉市yyc 2021年1月26日

出会い系の人妻にもいろんなタイプがいる。

会ったその日にセックスに応じる人妻もいれば、そのつもりで出会い系に来たにも関わらず深い仲になることに二の足を踏む人妻もいる。多くは罪悪感がそうさせるのだろうが、今回は後者の人妻に出会った。名前は佐奈恵さんだ。

どことなく暗かった。瞳が一重瞼で陰気に見えるというのもあったが、深い悩みかストレスを抱えていそうな、沈鬱な表情をいつも浮かべていた。少なくとも性的満足は得られていない顔だった。ゆえにすぐにでもセックスする関係になるはずなのだが、なかなかその兆しが見えないので、俺もやや焦り気味だった。

「ご主人とは……その、レスですか?」

「うん、まあね。ぜんぜんないかな」

「それで出会い系に?」

「まあね、そういうことになるかな」

夫の間で性的満足を得られず出会い系に来たという典型的なパターン。しかしそれをなかなか発散しようとしない。

時間がたつとますますセックスに誘いにくくなり、会ってもお茶だけの日々が続いた。

強引にセックスに誘ったら、ベッドで熱く燃えた佐奈恵さん

このままでは出会い系で人妻に会った意味がない。

こんな関係なら、独身の若い娘のほうが100倍いい。セックスできなければ人妻には何の価値もない。そこにいるのは36歳の単なるババアにすぎない。

俺は賭けに出た。

強引にホテルに誘ったのである。その日のデートの冒頭で「今日はラブホテルに行きますからね」と宣言し、それからは佐奈恵さんが何を言おうと「ラブホテルに行くのですよ。楽しみですね」と繰り返し言う。これで嫌われて背中を向けられたらもう終わりでいい。ここまで俺に言わせてもなお渋る人妻とは交際を続ける意味はない。

すると佐奈恵さんの表情が少しずつ明るくなってきたのである。頬がぽっと赤くなり、いい色になった。今までそんな顔色を見せたことは一度もなかった。

約束通りホテルに入ったのだが、ベッドインした佐奈恵さんはかなりエロかった。女になって熱く燃えた。

「あんっと、やん、感じるうううっ!」

と悶える。

長いセックスレスから解放されて性的満足を取り戻した人妻がそこにいた。

それから佐奈恵さんが明るい女になったのは言うまでもない。

男もそうだが女にとっても性的満足を得るというのは大事なことなんだということを改めて知った。

性欲は本能だもんね。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ