セックスのとき「恥ずかしい」と騒ぐ人妻に目隠しした結果

不倫セックスが初めての上品な奥様をラブホに誘って

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代後半 専業主婦岡山 岡山市yyc 2021年3月15日

出会い系にいる人妻は顕在意識の中では「不倫したくない」と思っていても、潜在意識の中では性に飢えている。飢えているからこそ出会い系サイトに登録している。日本女性は本音を隠すことを美徳とする。出会い系にいる人妻も例外ではないので、いかにその潜在意識の中にある性への渇望を一気に引き出すかが鍵となる。

YYCにいたその人妻は上品で清楚な印象があり、出会い系には似合わないタイプだった。出会い系に来ているので少なからず「セックスしたい」と思っているはずなのだが、なかなか隙を見せない。俺は本音を隠し続けるその人妻に難儀した。エッチな話をしても満面の笑みではぐらかす。

「またそんなこと言って……聞かなかったことにしよう」

みたいに。

俺は目隠しプレイを思いついた。以前同様にその気にならない人妻に目隠しをしたところ、一気に本音を露呈させたことがある。

目隠しをすると潜在意識が現れやすいようだ。

俺はある日、その人妻をラブホに誘った。

初めての不倫体験らしく渋ったが、最後は3メートルほど離れてゆっくりついてきた。

目隠しプレイしたら「やだっ もっと恥ずかしいっ!」

部屋に入っても借りてきた猫みたいだった。人妻であるからセックス経験は豊富なはずだが、ラブホには慣れていないようで「恥ずかしい」を繰り返す。

「こんな場所によくくるわね」

「ここはセックスする場所です」

「やだもう、恥ずかしい」

俺はすかさず人妻に目隠しをした。何をするのと抵抗しはずそうとしたが、乳を揉んだら落ち着いた。

「リラックスしてください……目隠しプレイは奥様にぴったりです」

「やだ……もっと恥ずかしいっ! こんなこと」

だが人妻の口元がいやらしく光るのを俺は見逃さなかった。潜在意識が浮上してきた証拠である。

服を脱がせ裸にする。セックスすることを意識していたのか、なかなかの高級下着を身につけていた。要するに「勝負下着」である。その下着を脱がし、夫しか見たことにない恥部を眺めた。毛深く濡れていて、いやらしい匂いを発している。そこを舐める。

人妻が口を開けて喘いだ。

「奥様、セックスしていいですか」

「して……セックスして……したいしたい」

目隠しプレイは効く。

目隠しプレイは人妻の潜在意識に眠っている性欲を引き出しやすい。

他人の奥様とのセックスは最高に気持ちよかった。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ