セックス中毒の女と付き合ったら誰だってこうなる

毎日のようにセックスを求めてくるセックス中毒女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
24歳 不明東京 武蔵野市yyc 2022年8月19日

俺は今毎日セックスしている。

相手はYYCで知り合った女で、24歳という年齢は運転免許証で明らかだが、それ以外のことは知らない。やせ形の茶髪で、いつも顔がくしゃくしゃ(眉をひそめてベソかいている風)でスケベだ。職業も不詳で、日ごろ何をやっているか不明。やっていることはたぶんセックスだろう。そう、俺を相手に。

彼女はたぶんセックス中毒なのだろうと思う。

考えてみたら会った時からセックスばっかりしている。互いの住まいが近いという理由もあって、互いの家族が留守しているのを狙って、俺の家や彼女の家でハメまくった。家だけじゃない。ラブホやネカフェ、車の中でもやった。

会った鼻から「セックスしよ」と言われた瞬間から、こうなることは予測できた。彼女はセックスに冒されている。セックス病にかかっている。セックス中毒とはこういうものか。

四六時中セックスのことばかり考える男になってしまった

最近流行している感染症は人から人に感染するが、セックス中毒も感染するのかもしれない。俺も彼女に付き合ううちにセックスなしの生活が考えられない男―セックス中毒な男―になってしまった。

オナニーも同じだろう。毎日オナニーしていたら毎日しないと落ち着かないだろう? 無理やり勃起させてオナニーして「よし、今日もやったぞ」と奇妙な感慨にふける男も少なくないだろう。

セックスも同じらしく毎日(しかも二回戦まで)セックスしていたら毎日しないと落ち着かない。

雨が降ろうと風が吹こうと「今日もするよ」とメールしてどこかで会って交わる。プレイも濃厚で、いろんな体位を試すし玩具も使う。貪る、という言葉が良く似合う。四六時中セックスのことばかり考える男になってしまった。セックス中毒とはこういうものか。

最近疲れやすくなってきたのは無理をしているからかもしれない。

女の乳や性器に興味がなくなってきているのも、度重なるセックスのせいかもしれない。

しかしやらなくてはならない。

快楽を求めて。

セックス中毒とはこういうものか。

今日も18時に待ち合わせしている。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ