セフレが一週間の予定で実家に帰る前日に慌ててセックス

二日に一回セックスしてたセフレが一週間もいなくなるなんて

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
28歳 契約社員(化学プラント工場)三重 桑名市yyc 2021年2月25日

YYCでセフレを見つけたのは先月初めのことだった。写真は自撮りでぼやけていてよくわからず、メールを送ったら写メをくれて、ブスではないが美人でもない、普通の顔だった。メールの文章の雰囲気からヤラせてくれる女だと思って、本意ではもっと綺麗な女がいいと思ったのだが、セックスの欲求に負けてその女に会うことにした。

予想通りその女はすぐにヤラせてくれた。セックスさせてあげるために俺に会いにきたようなもので、まるで娼婦。しかも金銭を要求しない都合のいい娼婦だった。

俺は彼女とのセックスにのめりこみ、二日に一回はヤラせてもらった。実のところ彼女がどんな女かわからず、性格もよく見えないまま、ひたすら性器を結合する毎日だった。セックスの相性だけはよかった。セフレ関係としてはよくできた仲だった。

その彼女が一週間の予定で実家に帰ることを知った。

忙しいのに有給休暇をとって昼間からセックスにふけった僕

母親が自転車を運転中に転倒して脚を骨折したらしい。買い物も家事もままならず、姉が手伝いにくるまでの一週間、彼女が面倒を見るとのこと。実家は和歌山にあるらしい。ところで彼女がそのことを僕に告げたのは出発の二日前。

「言うのが遅すぎるんだよな」

「ごめん」

俺が真っ先に危惧したことは以下の一行だった。

(もしかして一週間セックスなし?)

以前は毎晩オナニーして満足していたのに、セフレができてからはすっかりセックスライフに没入してしまっていて、セックスなしではあり得ない陰茎になってしまった。セフレを作るということはこういうことなのだと改めて思った。セックスより気持ちいいものはほかにない。オナニーなんか足下にも及ばない。射精するならマンコの中だ。マンコの中で発射してこその精子。

俺はその翌日、仕事が忙しいなか急遽有給休暇をとって彼女に会いに行った。目的はセックスだった。昼間からラブホに連れ込んでハメまくり、出しまくった。

「一週間分ヤラせてもらうよ」

「しょうちゃん、いかれてるね」

「みーことのセックスが気持ちよすぎて」

昼間から夕方まで四回くらいセックスして別れた。

異常だと思うかもしれないが、セフレを作るということはこういうことだ。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ