ツンとした人妻さんに卑猥な言葉をかけ続けた結果

ツンとしてお高く止まっている人妻とPCMAXで出会った

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代後半 専業主婦東京 江東区pcmax 2022年9月4日

けっこう綺麗な奥さんだった。

PCMAXにいる人妻は生活感あふれた熟女か、デリ嬢系スケベ主婦に二分されると分析していたが、彼女の場合は少々異なる。子どもがいなくて夫は海外赴任で、自由度が高い。独身女性の延長、といった風情があった。

自由な人妻、という印象があり付き合いやすいと考えてその奥さんにターゲットを絞った。

しかしメール交換の段階から上から目線で、会話がかみ合わない感じだった。なんというか、やりとりが続かないというか、すぐに止まってしまい、しばらくインターバルを置かなくてはならない。

人妻とのやり取りの場合、時間と共に卑猥な言葉が飛び出すものだが、下ネタを挟む余裕もないのだった。

「会ってくれますか」

「会うだけなら」

こんな感じで第一回目のデートとあいなった。

会った印象は、ツンとしてお高く止まっている、だった。

怒って連絡不能になるだろうと思っていたら……

(どう攻めるか……)

人妻と会った以上、大人の関係にならなければ意味がなく、そのタイミングを探していたが、なんせ相手はツンとした女で上から目線で隙がない。卑猥な言葉も差し挟めない。これではホテルに誘うタイミングがない。

(こうなったら玉砕覚悟で……)

俺は意識して卑猥な言葉を連発し始めた。

「奥さんのおっぱいに顔を埋めてみたい」

「奥さんとの場合、生セックスはだめですよね? やっぱりゴム付きになりますか?」

「奥さんにだったら、こっそり僕のオナニーを見せてもいいですよ」

隙を作るため、そんな風に卑猥な言葉を投げる。もちろん高いリスクがある。椅子を蹴って店から出て行かれ、その後連絡不能になる可能性も十分にあった。

人妻はしばらく目をしばたたかせながら髪を弄っていたが、しまいには少しだけ笑みを見せた。

俺はすかさず声をかける。

「大人のお付き合いがしたいです」

すると……。

「いいよ、付き合おうか」

明日二回目のデートだ。

必ず体をいただいてやる。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ