ノーブラで浮き出たビーチクをコリコリしたらヤバいことに

露出予告通りにノーブラで来てくれたスケベ女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 アルバイター北海道 旭川市happymail 2017年8月1日

長い冬が終わり、旭川にも春が来た。

その日は出会い系で知り合った彼女との初デートの日。

春とはいえ、ここ2~3日はひんやりして寒かったが、その日は初デートを祝うかのような陽光に恵まれ、うきうきして家を出た。

「ノーブラで行くからね~楽しみにしてね~」

彼女がそんな露出予告をしたのは昨晩のこと。興奮して勃起してなかなか寝つけずやや寝不足気味だが、光の中を歩くと元気になる。

うららかな春の日差しも、ノーブラを楽しみにしているかのようだった。

喫茶店で待ち合わせたが、顔所は約束通りノーブラで来てくれた。

少し動いただけで胸が揺れるので、思わずジャケットの下のポロシャツを見つめてしまう。

「何カップ?」

「DとEの間くらいかな・・・」

恥ずかしそうにカフェオレを飲む。

見つめられると興奮するのか、ビーチクのカタチがだんだんと見えてくる。

「ビーチク立ってるね」

「もう・・・やだぁ」

スケベな声を出してジャケットで隠す彼女。

喫茶店でムラムラしてビーチクを攻めたった

「隠すなっつうの。ノーブラで来てもらった意味ないじゃん」

手をつかんでジャケットを開くと、さらに勃起したビーチクがぽつんと浮き出ており、丸いふくらみとビーチクの位置から、おっぱいの全体的なカタチがよくわかる。

俺の下半身の問題児はもうカチコチで、じっとしていられず、思わずそのビーチクを指先で摘まんでしまった。

「あん・・・だめぇ・・・」

柔らかだったビーチクはとたんに固くなり、さらに自己主張を始める。

他にお客さんがいるので胸を揉むなど露骨なことはできないので、指先でつんつんとはじく程度の愛撫を繰り返した。

「はああん」

彼女はテーブルにうつ伏せになると、太ももをもじもじと擦り合わせて興奮。おそらくアソコはびしょびしょになっていることだろう。

「ホテル行く?」

「うん」

俺も彼女も興奮状態を抑えきれず、ホテルに走りこむ。

DカップとEカップを足して2で割ったような白い乳はゴム毬のように弾力があり、ビーチクはサクランボのように大きくて綺麗なピンク色だった。

俺は30分くらいかけて彼女のオッパイとビーチクを楽しんだ。

春の味がした。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ