パンスト破ってマンコを求める快感

プレイ用に安物のパンストを用意

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
22歳 OL(金融関係)山形 山形市happymail 2022年5月9日

以前、出会い系の女と知り合い、即エッチを求めても断られたので酒を飲みに行ってもう一度口説き、強引にラブホに引きずり込んでレイプまがいに求めたことがあって、そのときその女のパンストを引き裂いたのだが、そのときの興奮が忘れられず、今もプレイのひとつとして楽しんでいる。

「なんで穿きかえるの」

最近ハッピーメールで知り合った女とラブホに入った時、プレイ用に持参したパンストに穿きかえてもらえないかとお願いした。

「パンスト破り、やってみたい」

「変質者ね」

「女にはわからない」

「いいけど」

彼女にとっては自分のパンストが裂かれるわけではないから損失はない。

俺が差し出したいかにも安物のパンストを手にすると、部屋の隅で着替えた。むっちりした太腿と尻が薄茶色のパンストで包まれていく……。

俺の頭の中では、すでにそのパンストを破りにかかっている。

ビリビリと引き裂いて尻を露出させ、そして

「穿いたけど?」

「こっちにおいで」

上半身はブラとキャミソール。

俺は彼女を抱き寄せるとベッドに倒し「俺はおまえが欲しいんだ……言いなりになればいいことしてやる」みたいなセリフを吐き、パンストに手をかけた。

尻をひっくり返して臀部に爪を立ててビリビリと引き裂いていく。太腿が現れ、膝が飛び出す。

「やあん、もう」

パンストは無残な姿になりパンティが現れる。俺はそのパンティを剥がす。すると黒毛の恥丘が現れる。股を開き、マンコを露出させる……。

そのとき俺はパンストと、目の前のマンコは、目に見えない糸で結ばれていた気になる。

パンストを破ることでマンコに到達できるのだという妄想劇場がそこにあった。

それから俺はマンコを舐め、指を入れ、セックスを楽しむ。

ちなみにそのパンスト破りプレイをした日は、彼女もかなり濡れるし声を荒げる。

彼女自身もパンスト破りに興奮しているのかもしれない。

聞いてはいないが。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ