ビッチとは体目的で付き合うのが無難

ビッチと出会ったがいい体だったからずるずるときた

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 百貨店(化粧品販売)徳島 鳴門市徳島 2016年10月19日

写真はスレンダーで美脚。顔もコスメが上手でエロい。

セフレにするには最高だと色めいたメールを何通も彼女に送り、交際を迫った。

「あんたがその気なら付き合ってやるけん。いっぺん会おうか」

その時点でやめればよかったが、物好きな俺はひょこひょこ会いに行った。

実物は写真と同じでいい女だったが、性格に問題がると思われた。二人でお茶を飲んでいるとき、ちょっと会話が途切れるとスマホを開いて操作を始める。

何をやっているのか覗いたらゲームだ。

まだ26歳だが過去の男性経験人数は17名。最初のほうの男はほとんど記憶にないらしい。別れの原因は性格の不一致らしいが、これは女の側に問題があったのだと容易に推測できる。

「いっとくけど、うちはビッチだけんね」

自分のイレギュラーな性格を自覚し、自我同一性を確立しているのはある意味立派だが、まとにも付き合いたくない女ではあった。

ビッチは女でなく「女体」と考えたらうまくいく

その場で終わりにしようかとも考えたが、見た目は最高の女なので簡単には手放したくはない。

ビッチはビッチでも、その人間性に一切触れなければいいだけだ。要は女体として考えるのだ。彼女は俺にとって女体に過ぎない。もっと乱暴な言い方をすれば「物体」だ。

俺はひそかにそういう覚悟をして彼女と付き合い始めた。

デートはするが、会話もそこそこでホテルに連れ込み、長い時間をかけてセックスに打ち込む。前戯、本番、後戯と蟻が入り込む隙間がないくらい性的接触で埋めてしまい、プレイが終わったらそのまま別れる。およそ人間的な交流がゼロの究極のセフレ関係を確立した。

そのせいか、彼女のビッチ性が気にならなくなった。というか、ビッチ加減を目にし耳にする時間が皆無なのだ。

「もう3カ月も続いとる。今までの男の中であんたが一番長いわ」

ある日の3回目のセックスを終えた後、彼女が脱ぎ捨てたパンストをくるくる巻きながら言った。

「うちのこと本気で好きになろうとしとるの? 珍しい男やわ~」

冗談も休み休みに言え。

お前は女体に過ぎない。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ