ミニスカ娘とデートした後に必ずやるプレイ

ミニスカの魅力はパンチラにある

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 アルバイト(靴販売店)東京 武蔵野市yyc 2020年4月29日

YYCでエッチな女の子と出会った。

彼女は靴の販売店で働いていて、ふだんしゃがむことが多いのでパンツルックがメインであるが、仕事から離れたらスカート派の女。プライベートではスカートを、とくにミニスカを穿くことが多いらしい。

俺との初デートのときもミニスカで登場し、俺の自然を下半身に釘付けにした。

パンチラ寸前のところをヒラヒラしているのがミニスカの魅力。

風が吹くたびに、あるいは階段を上るたびに俺の目はミニスカの下あたりに集中する。

―うう、見えない―

見えるようで見えないのがミニスカの魅力でもある。

―ああ、あの下にはどんなパンティがあるのだろう―

スタイルがエッチなだけに興味深々だった。

ラブホでミニスカめくってパンティに頬ずりさせてもらっている

そしてある日、ついにパンチラに出くわしたのだ。

階段を上るとき、ふだんなら露骨に覗かないと見えないパンティが、ふと吹いてきた春の風のおかげでちらっと見えたのである。彼女がすぐにミニスカの裾を押さえたので完全には露出しなかったが、白っぽいパンティ生地がちらりと見えたのだ。

そんなものを見せられて、もう普通のデートはできない。

俺は彼女を強引にラブホに誘い込んだ。

そして俺が何をしたか。

ミニスカをめくって、そのパンティに頬ずりしたのである。

―これがあのミニスカの中にあったパンティなのか―

「やんん、もう変態なんだから」

ほんのりと汗ばみ、乙女の芳香を放つパンティに頬を寄せ俺はそのとき最高の幸せを感じていた。

あれから毎回、ラブホでミニスカの下のパンティを拝ませてもらっている。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ