不良OLとのセックスはラブホよりビジホが似合う?

私は不良OLと呼ばれています

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
27歳 OL三重 津市yyc 2017年8月24日

小顔で瞳が大きく少々垂れ目。髪はストレートのセミロングで栗毛色。身長は168センチ。スレンダー。脚は細い。

久々の超優良物件がYYCに登場した。

彼女は津市内のアパレル系企業に勤める27歳のOL。

「2週間のリフレッシュ休暇をもらいました。前半暇だから遊びませんか? 既婚独身どちらでもOK」

これはかなり高い競争率になることが予想され、早めのアプローチが求められるので、すぐに手を打った。

「36歳既婚男です。単身赴任で津市にいます。休暇は土日だけど今週末は自宅に戻りません。遊ぼうか」

するとすぐに返事が来た。

「連絡してくれた人第一号です。あまり時間ないから貴方に決めます」

運が良かった。今年の運をそれで全部使ったような気がした。

LINEのメールや電話で会話したが、リフレッシュ休暇前半が暇だと書いたが実質2日しか会えないので、もしエッチが希望なら明日と明後日しか時間がないと言われた。

明日は金曜日。

俺は会社を休むことに。

即セックスOKとのことだったので、ビジホのダブルを予約した。彼女のようないい女には、擦れたラブホより洗練されたビジホが似合う。

「普通のラブホでいいんですよ。私はそんなに価値ある女じゃありませんから。不良OLの異名があるくらいです」 笑。

社内では何回か不倫騒動を起こしているらしい。

「不良は美人の条件だよ」

悩殺セクシーランジェリーを楽しんだ平日の午後

単身赴任でこっちに来てから、YYCの女と3回ほど遊んだことがある。セックス目的の完全な遊びだから浮気ではないと思っているが、たまに様子を見にやってくる妻にばれないよう、身の周りには注意している。今回はビジホなので薬局で8個入りのコンドームを買ったが、彼女とのセックスで使った残りは処分した方がいいかもしれない。単身赴任先の部屋でコンドームが見つかったら軍事裁判ものだ。

彼女とは15時にビジホで待ち合わせた。まるでモデルさんのような見事な美人OLで、社内の既婚男性が手を出したくなるのも無理はない。

彼女は部屋に入るとシャワーを浴びると言って服を脱いだが、下着は悩殺的セクシーランジェリー。細身の体にフィットし、めまいがしそうになる。

「ちょっと待って待って。シャワーの前にもう少し鑑賞させて」

俺はスケベ心丸出しでパンティを撫でたり、ブラの匂いを嗅いだりした。

「もう・・・何なの? 早く浴びたいんだけど、シャワー」

「もうちょっと」

下着を味わうにつれ我慢できなくなり、そのままセックスに突入。

「ちょっと・・・洗っていないのに」

「そんなものいい」

不良OLの生マンコの匂いを嗅いでみるのも一興。

マンコは黒っぽく、ラビアがビラビラにめくり上がってかなりグロカかった。匂いは無臭だったが、マン汁が出始めると薔薇の匂いがした。

不良マンコは薔薇の匂いがするらしい。

彼女はリフレッシュ休暇後半に北海道に遊びに行くと言った。

「その気になれば来週末会えるかもしれない・・・また連絡するね」

そんな嬉しいことを言ってくれたが、連絡がないまま2週間が過ぎた。

残ったコンドーム5個は生ゴミの日に棄てた。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ