今年で55歳。若い女を抱くチャンスはこれが最後かもしれない

出会い系サイトを見ながら俺が考えたこと

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
24歳 OL富山 富山市mintj 2017年10月4日

50代の男性なら誰でも経験したことがあると思うが、50代といえば肉体的にも精神的にも大きく変化する人生のターニングポイントだ。

40代は働き盛りで世間も彼らに大きな仕事の成果を期待するが、50代になると少しトーンが弱くなる。

「あまり無理なさらないでください」

みたいなねぎらいを受けたりする。

自分自身それは自覚していて、40代の頃に比べたら気力も体力も衰えつつあるのが嫌でもわかる。自分ではまだまだと思っていても、身体がついて来なくて否が応でも「衰え」を感じてしまう。それが50代だ。

それはセックスについても言える。以前と比べて性欲は減退し、妻ともご無沙汰だ。数十日射精なしでも平気でいられるし、逆にそのくらい禁欲しないと力強く勃起しないこともある。

あるとき偶然見つけた出会い系サイトを見ながら考えた。

―今ならまだ若い女を抱けるかもしれない―

―だが、来年はどうなっているかわからない―

―若い女の肌を楽しむとしたら今の時期が最後だ―

そう思うと激しい焦りのようなものを感じ、当たって砕けろの気分で出会い系サイトに登録した。

おじさん好きのキュートなOLさんをゲット

時間がないから、ストレートに主張することにした。

「若い女性と遊びたい。誰か僕のようなおじさんでもいいと言ってくれる女性がいたらメールください」

誰からも声がかからないのではないかと懸念していたが、世の中には変わった若い女もいるもので「短い間でいいならOKです」とメッセが来たのである。

おじさん世代が好きという24歳のOLさんだった。

まるでわが娘くらいの年齢。俺はこの年になって春を迎えた。

彼女とのセックスには長い時間をかける。というより、前戯に長い時間をかける、と言った方が正解だ。若い男のように挿入を急ぐことはせず、前戯で十分に濡らし、感じさせてから最後の最後に挿入という段取りだ。これにはわけがあり、持続力がなく挿入しても中折れするリスクが付きまとっているからなのだが、彼女はそれでかなり満足してくれた。

「おじさん素敵」

などと言ってくれる。

しかし若い女の肌はいい。

乳もいい。

陰部も素晴らしい。

世の中の50代の男性諸君。少年老い易くセックスし難しだ。(意味不明)

余力が残っているうちに若い女を抱いておこう。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ