何か臭うなって思っていたら、やっぱりアノ臭いだった

一緒にいると漂ってくるむっとした変な臭い

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 郵便局社員青森 青森市pcmax 2021年6月13日

あの臭いはやっぱりアノ臭いだったことを昨日知った。

昨日、出会い系で知り合った彼女と初めてのセックスを済ませたのだが、デート中、彼女から常に立ち込めていたあの臭いは、デリケートゾーンの臭いだったことが判明した。

何ていうのかな、香水でもないし石鹸の臭いでもない。女の生肌の匂いもあんなに臭くないし、口臭でもない。汗の臭いでもないしワキガとはちょっと違う。

でもどこかそそられるフェロモン系のむっとした臭い。

デートのとき、ずっとそれが漂っていた。

「何か臭わない?」

そう聞いたこともあるが、彼女は特に匂わないという。

普段から嗅いでいる自分の慣れ切った臭いだから気にならないのだろうか。

俺もだんだんと慣れてきて、気にならなくはなっていた。

そしてその正体が昨日わかった。

初セックスのときにわかった……それはデリケートゾーンの臭い

すでに書いたが、昨日は彼女との初セックス。

勢いでラブホに連れ込み、すぐにハグしてキスした。体験したことのある人なら理解してくれると思うけど、交際中の女との初セックスにシャワーを浴びる余裕なんてない。男の側はかなりの興奮状態にあるし、一刻も早く結合→射精という「結果」を出したいと望んでいる。

俺も例外でなく、キスしたら胸を揉んで服を脱がせ、一気に全裸にした。彼女もそこそこ興奮状態にあって、とくに抗わなかった。

そして股を開いたその瞬間、あの臭いが漂ってきたのである。

しかもそれは女のもっとも大切な部分。デリケートゾーンの臭いだったのだ。

いつもより濃度を増したその匂いが、マンコの穴の中からむっと漂ってきた。

―デリケートゾーンの臭いだったとは―

マン臭がきつい女がいるのは知っていたが、彼女がそうだったとは。

しかも下着を身に着けて洋服を着た状態でも立ち込めてくるとは。

君も彼女と一緒にいるとき、なんか変な臭いがするな、と思ったら、それはデリケートゾーンの臭いかもしれないぞ。

セックスの時にたしかめてみるがいい。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ