俺のデカチンを見たスケベな既婚OLの反応

17センチはデカチンなのかどうかずっと気になっていた

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30歳 OL三重 伊勢市happymail 2017年10月10日

ネットでデカチン像を検索すると、とてもこの世のものとは思えない巨大な棒がヒットする。大半は欧米人だが、日本人も最近は食べ物がいいのか彼らに負けないほどの宝刀の持ち主がいる。ぱっと見20センチは軽く越えている。

俺の息子はいきり立ったら17センチになり、自称デカチンのつもりだが、画面に映し出される様々な巨棒を見るに、自信をなくす。ほかに何の取り柄もない男なだけに、デカチンが否定されたら生きていけない。

そんな俺が出会い系に登録したのは、女性に息子を見てもらって感想をもらおうと思ったからだ。

出会った女が「デカチンです」と言ってくれたら俺はこれからも自称デカチンでいよう。しかし否定されたら、ほかの能力を磨くしかない。

大げさだが、俺にとって出会い系は存亡をかけた戦いと言えた。

「夫のよりは大きいと思う」とだけコメントした彼女

出会ったのは既婚のOLさんだった。結婚して4年になるが、多忙の夫は出張が多く、海外に行くと2週間は戻らない。

セックスしたい盛りの30歳女は、膣のムズムズを癒すために出会い系に来た。

「今ご主人はどこにいらっしゃるのですか」

「タイかな」

「ご主人も奥さんに会いたくてしかたないでしょうね」

「どうかしら。今頃現地の女の子といいことしてるかもしれないわ」

夫婦関係は冷え切っているように見えた。軽く酒を飲んでホテルに誘ったら「私も現地の男の子といいことしちゃおうっと」と燥ぎながら腕を組んできた。ハキハキものを言うつんとした女だが、可愛いところもあると思った。

人妻の乳と性器を楽しみながら、いよいよ挿入という段階に来たとき、俺は本来の目的を果たそうとした。

そそり立つ肉茎を彼女に見せたのだ。

「やだ・・・なに? なんなの?」

目をそらして髪をすく。

「僕のペニスをどう思いますか」

「どう思うって・・・別に何とも・・・」

「デカチンだと思いますか?」

「デカチン?」

「でかいちんこです。僕のちんこはでかいと思いますか」

彼女はちらっと俺のペニスを見ると、目をしばたたかせながらこう言った。

「夫のよりは大きいかな」

「デカチンですか?」

「わかんない。そのデカチンとやらの定義がよくわからないから」

その日彼女からは「貴方のはデカチンです」という褒め言葉をもらえなかったが、「デカチンではない」と否定された訳でもない。

彼女の口から「デカチンです」と言わせるまで関係を続けようと思う。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ