借金まみれの主婦と自棄的な変態プレイ

お店が倒産寸前。夫は失踪して行方不明

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代前半 自営業福岡 福岡市pcmax 2017年10月26日

どんな商いをしているのか知らないが、夫婦で経営していた店が借金まみれで倒産寸前となり、夫が失踪して行方不明という人妻と出会い系で知り合った。

夫の失踪はわかる気もするが、妻はなぜ出会い系なんぞに来たのか摩訶不思議だった。

だが話を聞いてみると、その理由は納得できるものだった。

「現実を忘れたい」

とその人妻は昼間からビールの中ジョッキを傾けながら吐き捨てるようにこぼした。

ほんの一瞬でもいいから「家業倒産」という悲劇を忘れていたい。彼女はそのためにやけ食いもしたし、朝から酒も飲んだし、貴重な貯金をはたいて高級ブランドの時計を買ったりした。だけど忘れられなかった。そして最後に出会い系に来た。

「セックスしかないと思ったわ。獣のようなセックス。そして変態プレイ」

人妻が中ジョッキをおかわりした。

俺は人妻の太ももを見た。

むっちりして、美味しそうだった。

顔射すると我を忘れ現実を忘れる主婦

その人妻とは激しいセックスをした。最初から恥ずることなく捨て身でぶつかってきたし、俺もそれを受け入れ、少しでも現実を忘れるためのプレイをした。駅弁や立ちバック。イラマチオ。

しかしプレイが終わるとすぐに現実に戻るようで、浮かない顔をする。

「他に変態プレイはないの?」

「顔にぶっかけてあげようか」

「何を」

「精液」

「うんうん。それやって、それやって」

二度目のセックスは生で挿入し、出そうになったところで膣から抜き、ペニスを速やかに彼女の顔面に持って行って精子を吐きだした。

その臭いミルクは彼女の唇と鼻の頭を直撃した。

「くうう・・・ううん」

そのまま放置した。

すると彼女はうっとりした顔で、しばらく至福に満ちた表情をし続けたのだ。今までそんな満たされた顔を見たことがない。

顔射したら、精液を拭きとらない限り、精液とともにいるしかない。そのねっとりした感触、臭い匂いと付き合わなければならない。

彼女はそれで現実から遠ざかることができたようだ。

それから顔射という変態プレイが、二人の定番プレイになった。

顔射で店の借金が返済できるとは思えないが、少なくとも今の彼女には顔射が必要だ。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ