倦怠期対策で始めたスワッピングで夫婦崩壊状態に

カップル別行動の刺激的スワッピング

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
35歳 専業主婦東京 大田区pcmax 2021年9月22日

スワッピングという言葉を知っているだろうか。

要するに夫婦交換だ、夫婦が合意のもと相手のカップルとパートナーを交換してセックスプレイを楽しむ。パートナー以外の異性とセックスを楽しみたいという夫婦合意の同時不倫という見方もできる。セックスという快楽にのめりこむ享楽主義者に多い。

だがスワッピングの活用目的はそれだけではない。夫婦が倦怠期を迎え、何か刺激が欲しいときなど相手を交換したセックスは効果を生む。

まさしく俺たち夫婦のスワッピング動機は後者だった。倦怠期のマンネリ化でセックスレスに陥り、これではいけないとPCMAXのアダルト掲示板で相手を探した。

世の中には似たようなことを考える夫婦もいるようで、相手カップルがすぐに見つかった。スワッピング経験が豊富な夫婦で、最初からこんな条件をつけてきた。

「カップル別行動のスワッピングをしてくれるなら、交際に応じます」

同室プレイは飽きたらしい。

「スワッピングのだいご味は、自分の配偶者が今頃どこで何をしているか不安になって刺激を受けることです」

言われるがままに別行動スワッピングを始めた。

だがこの別行動スワッピング、よほどうまくやらないと失敗する。

相手の男がそんなにいいのか……夫婦生活に応じなくなった妻

スワッピングのそもそもの動機が「倦怠期によるセックスレス解消」にあったから、その目的が達せられたらすぐにでも相手から手を引く計画だった。

俺も相手の奥様と二人きりで会い、ラブホテルでセックスをしまくったが、頭の片隅では妻のことが気になる。

「今頃あの体格のいいご主人からどんなことをされているのだろう」

スケベそうな男だし、絶倫だと標榜しているくらいであるから、妻はかなり虐められているはずである。俺は少し嫉妬した。

(この嫉妬心を持つことがスワッピングの目的なんだよな)

幾日かした夜、俺は妻とセックスしたくなった。今晩は夫婦の愛を確かめたい。スワッピングの効果を実感したい。

妻は肌の色つやがよくなり、以前よりセクシーに見える。俺は欲情し、キスをして乳を揉んだ。

「ちょっと……やめて……疲れてるから今日は」

「あの男とのセックス疲れか」

「ちがうわ……もう、や」

妻は俺とのセックスに応じなくなった。以前は求めたら応じてくれたが、今では拒否モード。これでは倦怠期解消どころではない。

相手の男とのプレイがそんなにいいんだろうか。

妻はときどき惚けた目で宙を見ることがある。

以上、スワッピングに失敗した例として、体験談として紹介する。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ