僕たちがやっている無理のないイラマチオを紹介しよう

セックスするときは必ずイラマチオで一回抜く

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代後半 学習塾講師宮城 岩沼市yyc 2018年7月21日

イラマチオ。

この単語を口にするたびに下半身に快感電流が流れる。なんという妖しい響きだろう。そして、残酷な響きだろう。

イラマチオが何なのか知らない人もいると思うので簡単に解説すると、女の口をあたかも性器に見立ててピストン運動を行う男主導のプレイである。女の口にペニスを挿入して快感を得るという意味ではフェラチオに似ているが、完全に男主導の行為であると言う点で、フェラチオとはほど遠い。

男は膣相手に挿抜するのと同じ意気で挑む。そんなことをされる女はひとたまりもない。喉に突き刺さり、苦しくて嘔吐することもある。イラマチオはSMプレイの一種と言ってもいい。男の性欲を満たすだけの、女にとっては苦痛以外の何でもない行為である。

だがそのイラマチオを、僕たち仲良しカップルは毎回のように楽しんでいる。出会い系で知り合ったとき「過激でないソフトSM」に興味があると言われ、オレ流のイラマチオを試すことにした。

彼女はぜんぜん苦痛じゃないし、俺も気持ちいい。

どんな風にやっているのか紹介してみたい。

こうやれば女の子は苦しまないし、ソフトSMにもなる

ペニスを強く突くから女が苦しいのだ。全部入れようとするから吐き気がくるのだ。

俺の場合、彼女の口に挿入するのは亀頭だけである。亀頭部はペニスの中でも一番敏感な部分なので、そこだけ挿入すれば十分だという発想に立った。亀頭だけであれば、よほど大きな亀頭でない限り、喉まで届かず、女は苦しまない。逆に男の象徴である亀頭の抽送を楽しむことができ、女の本能を刺激することができる。かつマゾヒスティックな快感を得ることができる。

「お口が膣になっちゃったみたい…アソコの気持ちがわかるわ」

そんなことを言って燥ぐ。

口が膣と同じように扱われていることに興奮し、ソフトSM願望を満たすことができる。

もちろん本音を言えば根本まで差してガンガン突きまくりたいところだが、それをやったらハードなSMになってしまい彼女の本意ではないから、亀頭だけのイラマチオにとどめている。

イラマチオを細く長く楽しみたい人には、おすすめのプレイだ。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ