僕は恥丘いじりが大好きなスケベ男子です

恥丘をなで回したり揉んだりつねったりするのが大好き

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代前半 家事手伝い静岡 焼津市wakuwakumail 2020年9月29日

俺は恥丘大好き男だ。そして恥丘いじりが大好きな男だ。

恥丘といえば女性の外性器の代表格。というかまんこの「顔」といっていい。女のショーツを脱がせたら最初に目にするのが恥丘であり、男の女性器への興奮の第一歩は恥丘から始まる。

千里のエッチも恥丘から……。

なんて格言があるのかどうか知らないが、俺はとにかく恥丘が(恥丘いじりが)好きである。

ショーツを脱がせ、ぷっくりと膨らんだ恥丘をなでまわす。陰毛の感触を味わいながら、そこに女がいることを実感する。毛を引っ張る。膨らんだ部分を摘まんで引っ張ってみる。

その下にある陰核には決して触れず、フロントの恥丘のみをいじり続けるのだ。

俺は町で女とすれ違うとき、必ず恥丘に目が行く。

顔を見ていい女だと察知したらすぐに恥丘を見る。

だから脱がせたらまず恥丘だ。

恥丘。

恥丘。

俺はとにかく恥丘が(恥丘いじりが)好きである。

最初は気持ち悪いと言っていた彼女もやがてアヘ声出して

この前ワクワクメールで拾った家事手伝いの女をラブホテルに連れ込んでエッチしたときも、まず恥丘を愛でた。

タイトなスカートを穿いていて、否が応でも恥丘を意識してしまい、それが欲しくてホテルに誘ったのだが、予想した通り肉付きのいいモリマンだった。

俺は彼女の恥丘をいじった。

女は恥丘ばかり触られることに違和感があったろうが、それはひょっとしたら「焦らし」の効果につながったのかもしれない。陰核のすぐ上にある部位なので、そこへの刺激は遠巻きにクリトリスに響く。

焦らされている彼女は徐々に興奮したらしく、愛液を滲ませ、その液は恥丘にまで及んできた。

むっとした菜の花のような匂いが高まり、最高の恥丘時間を迎えた。

「クリにさわってもいい?」

耳元で囁くと、

「触って触って触って」

と肩を震わせておねだり。

おれからクンニに移った。

恥丘いじりは焦らしの効果があるという点では、女からも喜ばれる。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ