処女と非処女を見分けるのは不可能と知った日

どちらかというとブスな女とPCMAXで知り合った

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
23歳 アルバイト(織物工房)京都 京都市pcmax 2022年6月20日

行きずりのセックスをするなら処女と非処女、どっちがいいだろう。

俺は今まで出会い系で一夜限りのセックスを4回体験しているが、いずれも相手は非処女だった。完成された壷がそこにあった。入れたら女が悶え快楽に顔を歪める壷がそこにあり、俺は安心して棒を挿入し男の快楽に浸ることができた。朝になるまで。

この相手が処女だったらどうだろう。俺は快楽を堪能できるだろうか。相手は痛がり、ときに出血する。ゆがんだ顔は快楽に酔った顔ではなく、それは破瓜の痛みに耐える苦悶の顔なのだ。

朝までそんな顔を見て過ごすのか。

だけど……。

処女とのセックスを一度体験したいと、その女を見て思った。PCMAXで写真を掲げているその23歳の女はどちらかというとブスで、見た目あきらかに処女だった。こんな女が男とセックスした経験があるとは思えない。男はこの女のマンコを求めたりしない。世の中には、ほかにいいマンコがいくらでも転がっている。

俺はそのちょいブス女に声をかけた。

処女とのセックスを期待して。

120%処女だと思っていたのだが、とんでもない

「遊んでみたい」

「だったら遊ぼ」

「ワンナイトでもいいか」

俺の場合は最初から直球勝負。この誘いに二の足を踏む女とは会わない。会っても無駄な時間と労力を失うだけだ。一晩限りの交尾に応じる女でないと会っても意味がない。

「いいよ、ワンナイトで……」

そのちょいブス処女はすぐに応じた。警戒心のない処女だった。男女がワンナイトで会うことが何を意味するか知っているのだろうか。

会ってみても彼女の印象は変わらなかった。ちょいブスで肌の色もかんばしくなく、女性ホルモンの分泌が不十分。120%処女と見た。

だが彼女は大胆だった。部屋で全裸になり、シャワーを浴びにいく。恥じない女は処女か非処女か。俺は困惑した。

やがてその疑問はベッドで明かされる。

彼女は立派な非処女だった。

「フェラしてもいい? おちんちん食べたい」

「……い、いいけど」

ねっとりした濃厚フェラに度肝を抜く。かなりのテクで、ついつい射精したくなる。

「ちょっと待って……セ、セックスで出す」

「やっぱ下のお口がいいのね」

「……」

セックス突入。

見た目で処女と非処女を見分けるのは不可能と知った。

絶対に処女だと思っていても非処女だったりする。

もちろん、その逆もある。

女は不思議だ。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ