処女を破った時、女子大生がずっと口にしていた言葉

21歳女子大生ラブホデビュー

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
21歳 女子大生福島 郡山市pcmax 2022年5月11日

女にとって処女喪失というのは相当「怖い」体験なのだろう。よほど相手のことを信頼していない限り、その苦痛を受け入れることはできないのかもしれない。

今回出会い系の女子大生の処女を奪って、処女喪失の恐怖心を嫌というほど味わった。

その背景には、俺が彼女にとって「信頼する」にたる男でなかった、があったのかもしれない。

サイト名はPCMAX。彼女は女子大生。福島県郡山市在住。

最初はこれしかわからず進んで会う気にはなれなかったが、写メを送ってもらったらチョイポチャの可愛い系だったので俄然その気になり、会うことにした。

基本的には体目的な男なので、即エッチを考える。しかしどう見ても処女。処女相手に即エッチは酷だろうと数回のデートで様子を見た。

そして出会ってから二週間後、ついにラブホに到達した。

聞いてみると彼女はやっぱり処女。

彼女にとっては記念すべきラブホデビューである。

「怖い 怖い……」この言葉を何度口にしただろう

「怖い」

借りてきた猫のように部屋の隅っこでじっとしていた彼女が発した最初の言葉はこれだった。

出会って二週間足らず。好きでもなく大して信頼もしていない男とラブホに入って処女喪失を体験するのは「怖い」のひとことなのだろう。ほとんど暴力の世界かもしれない。

「優しくする……約束する」

だがチョイポチャ処女のムチムチした裸を見ると俺はすぐに獣になり、やや乱暴に扱ってしまった。

「怖い、怖い」

喘ぐこともエッチな言葉を発することなく彼女は「怖い、怖い」を連発した。

行為の間、何回この言葉を耳にしただろう。俺が挿入して果て落ちるまで、その言葉を聞いていた気がする。

「怖い、怖い」が止まったのは、最後の一滴を発射した直後である。

「痛かった?」

「うん」

あれから何回かセックスを重ね、最近になってようやくその言葉を口にしなくなったが、いまだに彼女の顔を見ると「怖い、怖い」の声が耳に来るのはなぜだろう。

彼女の処女喪失は、俺にとっても「怖い」体験だった。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ