出会い系で知り合った冴子とのセックスにハマって中毒症状

冴子とは毎日セックスしている……日に二回することも

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
25歳 アルバイト(カラオケスナック)富山 富山市wakuwakumail 2021年2月13日

ああ、セックスしたい、セックスしたい、セックスしたい。

ああ、冴子とセックスしたい、冴子とセックスしたい、冴子とセックスしたい。

ワクメで冴子と知り合って即セックスしてから、その気持ちよさにハマり、いつもセックスのことばかり考えるようになった。俺は24歳。セックスに対して血気盛んな年頃ではあるけれども、それにしても異常である。俺はたぶん、セックス中毒に罹っている。

冴子は一歳年上の25歳。ややエロく、胸は弾力のあるDカップで脚が細い。まんこは毛が薄く、濡れたら陰唇がきらきら光る。見た目もいいが、乳の揉み心地、まんこのハメ心地も素晴らしく、初回のセックスから俺は狂った、冴子は一夜限りのお遊びと考えていたようだが、俺が再三会いたいと言うものだから、ずっとセックスを続けている。日に二回会ってすることもあった。

今これを書いているときも、冴子とセックスしたくてたまらない。

セックス中毒だ。

貝を見たら冴子を連想し、鰹節の匂いを嗅いだら冴子を想い出す

しかしセックス中毒、けっこう悪くない。セックスはこの世で最高の快楽。その快楽に始終どっぷり浸かっていることに男としての歓びを感じる。セックスしているときはもちろんのこと、冴子と会っていないときでも、冴子とのセックスに浸っている自分がいる。

先日スーパーの魚介コーナーで赤い貝を見つけたのだが、すぐに冴子のまんこを連想した。

―冴子のまんこのほうがヌルヌルしてるぞ―

母親が味噌汁と作るときに鰹節を煮るが、その匂いを嗅いだら、冴子のマン臭を思い出した。

―冴子のマン臭のほうがもっと鰹節の匂いがするぞ―

こうやってセックス中毒の人間は、常にセックスの中にいる。

「これから仕事だから、あと一回だけね」

冴子が時計を見ながら脚を開く。

貝より貝に近いまんこ、鰹節より鰹節の匂いに近いまんこがそこにある。

「ああ、冴子!」

そう呻きながら、俺は勃起し続けるちんこを冴子のまんこにぶちこむのだった。

俺をセックス中毒患者にしたワクメと冴子に感謝している。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ