出会い系で知り合った彼女とディルドプレイ

ディルドが魅惑的な理由

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
10代後半 フリーター北海道 札幌北海道 2015年10月4日

最近、ディルドを買った。
男なのになぜこんなものを買ったのか。
ディルドが好きなんだ。
とても魅惑的に見える。

一昔前までは、こんなものなかったと思う。
女のオナニーの道具といえば、バイブかローターだった。
誰が持ち込んだか、いつのまにかディルドというツールが、女のオナニー市場を席巻するようになった。

ところでなぜディルドが魅惑的なのか。

機械的な匂いがしないからだ。
バイブは電気で動き、見た目もメカニックだ。
しかしディルドはペニスをかたどっただけの棒にすぎず、レトロな雰囲気を醸し出している。
その昔江戸時代にも、これとにたような棒があったと聞く。
今も昔も、女はディルドが好きだった。
悠久の女性史を生きてきた一本。
その世界に思いをはせると、胸がときめく。

出会い系ワクワクメールで24歳のアルバイターと知り合った。
ヤンキー風だが、へらへらして頭の悪そうな娘だった。

「おまえ、ヤリマンだろう」

「何いってんの。ふざけんなよ」

そういって怒ってみせるが、次の瞬間でれでれと腕なんか組んできて、生粋のヤリマンだと俺は見た。

この女にディルド突っ込んでみるか。
買ったばかりのディルドを試すいい機会だ。

「今度ホテル行こうよ」

「OK。行こう行こう」

やっぱヤリマンだな。

凄すぎる!根元まで入ったぜ

「ディルドって知ってるか」

「知ってるよ。持ってるもん」

「こういうの、持ってる?」
購入した極太ディルドを取り出す。

「ええ・・・?!そんな大きいの持ってない。やだぁ。エッチ」
 
「これ使ってみていいか」

「だめだめ!そんなの入れたら壊れちゃう。やだやだ~」

さっきから黄色い声を張り上げてうるさい。
でも目を潤ませて顔を火照らせてるところを見ると、
そこそこ興奮しているのかもしれない。
入れてほしいと思ってるのかもしれない。

まずは舐めて汁を出す。
クリとマンを舐め続けた。

「ウウゥッ・・・あァァッ」

しゃべり声はうるさいが、あえぎ声は可愛い。
潤ったところでディルド挿入。

彼女、最初仰向けだったけど、ぐんぐん中に押し込むにつれ、
身体を反転させて四つん這いになった。
このほうが奥まで入りやすいと思ったか。

「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」

ついに根元まで突っ込んだ。

すごい!
マ○コのたくましさを改めて知ったよ。

彼女とは3回のデートで別れた。
別れの理由は、

「ディルドばっかで面白くない」

だった。笑。

また次を探すつもりだ。
出会い系にはいろんな女がいるからね。

ディルドプレイをさせてくれる女、他にもきっといるはずだ。

期待に胸をふくらませ、パソコンの前に座る俺だった。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ