出会い系の人妻と確実にセックスする方法

人妻が出会い系に来る理由を考えてみよう

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
34歳 主婦北海道 函館市wakuwakumail 2017年9月17日

出会い系に来る人妻の目的はセックス。

ぶっちゃけた言い方をすればこれは正しい。

だが出会い系に登録した人妻がみな一様に見知らぬ男とすんなり姦通に及ぶかというとそうでもない。男性からのアポがあってもその気になれず、その気になってもたちまち気分が萎えて男を拒絶、あるいは退会することもあるのだ。

人妻の潜在意識に不倫セックス願望があることは事実だが、ストレートにホテルに誘っても罪悪感ばかりが先行し、断られる可能性が高い。まずは人妻の願望を引きだし、願望を決心にさせてあげることが肝要。

そもそも人妻はなぜ出会い系に来るのか。なぜ危険な不倫をしなければならないのか。

地元函館で知り合った34歳の人妻は電話でこう言った。

「女として見られたくて」

夫とはセックスレス。夫が自分とセックスしたがらないのは女として見ていない証拠だと妻はとらえる。

34歳という女の欲情が増す時期に女として見られないなど、あってはならないこと。

女を取り戻すために危険をおかして出会い系の門を叩いた。

だったら女として見てあげようではないか。

願望を引きだし、その気にさせてあげるのだ。

奥さんみたいな素敵な女性に会ったのは初めてです

「貴女みたいな素敵な人とこのままメールの会話だけで終わってしまうのは残念です。とりあえず会ってお話しませんか」

「でも、人妻の私が夫以外の男性に会うなんて」

「それで怪しい関係になるとは限らないでしょう。お茶だけなら神さまも貴女を罰しません」

この言葉で彼女は最初のステップを踏みだした。とりあえず会ってみようという気になった。

函館市内のお洒落なカフェではあえて雑談に徹し、ジョークを交え笑わせリラックスさせる。

「奥さんとおしゃべりしていると時のたつのを忘れます。楽しいです。来週の今日、またお茶しませんか。同じ時間がいいな」

とその日はそれで終わった。

彼女は俺のことを決して危険な男とは思っていないはずだ。すぐにホテルに連れ込もうというような下心も感じられないし、話をしていると楽しいし、気分転換にもなるからまた会ってみようかしら。きっとそんな気になったはずだ。別れ際の満面の笑顔がそのことを物語っていた。

俺は彼女とそんな風に4回くらいお茶した。

そして十分に信頼関係が育ったところでこう切りだしたのだ。

「奥さんが欲しくなりました。奥さんみたいな素敵な女性に会ったのは初めてです。僕はもうメロメロです。何とかしてください。助けてください」

「どうすれば・・・いいんですか」

「強く抱きしめたい」(注)

俺と彼女はその日からセフレの関係になった。

今では彼女の方から積極的にセックスを求めてくるほどだ。

俺の体験とノウハウを参考に、充実した出会い系人妻ライフを送って欲しい。


(注)「セックスしたい」とか「エッチしたい」は避けた方が無難。単に身体が欲しいのではなく、心を含めて貴女のすべてが欲しいというイメージを込めるべき。「結ばれたい」でもいいし「奥さんとひとつになりたい」「奥さんの温もりがほしい」「甘えたい」でもいいだろう。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ