夫は知らぬが仏。奥様の過激すぎる秘め事

40歳専業主婦の優花さんはこっそり僕とセックスします

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
40歳 主婦和歌山 和歌山市mintj 2017年8月30日

「夫は私が浮気しているなんて100%思っていないと思うわ」

そう断言し、したりげなまなざしで紅茶を飲む人妻。

彼女は40歳になる専業主婦。不倫歴2年。交際した相手は3人。いずれも出会い系で見つけた年下の独身男性だという。

「罪悪感とはないんですか?」

「最初はあったけど、これも慣れね。回数を重ねるうちに慣れてきて悪いことしてるって思わないようになるの」

「罪悪感のない秘め事というわけですか」

「罪悪感はないけど危機感はあるわ。油断しているとボロ出しちゃうから」

俺とその人妻との秘め事は週に一度。金曜日が多い。

金曜日に取引先との定例打ち合わせで外出しそのまま不帰社にするが、その時間を利用して彼女にこっそり会う。丸顔にサングラスをかけると間抜けに見えるが、抜かりがない彼女にとってサングラスは必須アイテムだ。

ホテルでサングラスを外してかなり大胆になる。セックス前後で顔色がまったく変わるから驚きだ。セックスすると彼女は風呂上がりの女のように火照る。

「秘め事は姫事・・・なんちゃってね」と笑う専業主婦

「なぜ浮気するの?」

ある日のセックスの後、ソファで煙草を吸いながら聞いてみた。彼女は布団の中で顔だけ出して話した。

「それは難しい問題ね・・・煙草を吸う人にどうして煙草吸うのかって聞くのと同じだと思うわ。別に理由はないけど、吸いたいから吸う。止められないから吸うしかない。身体に悪いことはわかっているけど吸わないといけない。そんな感じかしらね」

俺は煙草を消すと、布団に手を入れて乳を揉んだ。

「やあん・・・休憩のときくらいじっとしていなさい。エッチね」

「不倫は身体に悪いのかな、煙草みたいに」

「でも綺麗になるわよ」

微笑みながら布団で胸を守る。

「セックスは女を綺麗にするのよ。秘め事ならぬ姫事かしら」

「40歳のお姫さまか」

彼女は充実した不倫生活を送っているように見えた。

この現実を何も知らないご主人は気の毒に思えるが、知らない方が幸せのような気もする。この過激すぎる現実を知ってしまったら二度と立ち直れないかもしれない。

するうちに下半身が回復してきたのでそっとキスしたら、彼女が俺の肉棒をしごきだし「早く固くなれ」と囁いた。

40歳の年増の姫君は性欲旺盛だ。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ