夫バレ寸前まで不倫をし続ける淫乱主婦

昨日、夫に携帯を見られてバレそうですとメールが来た

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
39歳 主婦栃木 栃木市栃木 2016年11月22日

出会い系で知り合ったもうすぐ40歳になるという年上の主婦と不倫していたが、ついに夫バレの事態になったようだ。

「さっき夫が私の携帯見たのよ。あなたとのメールのやりとり全部見られたわ。もう終わり!」

そんなメールが来たのは昨晩のこと。

夫に見られたというだけでその後どうなったかについては一言も触れていないが、家の中が修羅場になっているのは容易に想像できる。

「週に一度くらいなら絶対夫バレしないから安心して」

その主婦には自信があった。

独身だし、主婦と交際することに抵抗があった俺だが、彼女の説得に折れて不倫を始めたのは約3ヶ月前。俺もだんだんと人妻の肉体の味に目覚め、罪悪感もかなぐり捨てて不倫セックスを楽しむようになっていた。他人の所有物をこっそりと頂く行為は、独身女を抱くのとは全く異なる快感があった。週に一度、昼下がりのラブホで密会していた。

だが夫バレした以上、もうだめだ。俺もこれからは逃げ回る日々が始まるだろう。夫はまるで鬼のようになってマサカリを振り回しながら俺を探し続けるだろう。

ところがその最後に書かれていた文章に目が点になった。

もう最後になるかもしれないからエッチして!

「もう最後になるかもしれないから、明日エッチして」

これには驚いた。明らかに夫バレしているというのにその翌日に不倫するとはどういう神経をしているのか。妻に不倫陽性反応が出た以上、夫は妻の行動を徹底的にマークするはずで、不用意な行動は慎むべきだ。

俺はお互いが会う危険性を徹底して説いた。飛んで火にいる夏の虫ではないが、ホテルから出てきたところで御用になるのは目に見えている。

「もうバレたからいいの。こうなったら開き直ってしたいことをするだけだし」

「それでは俺が困る」

「お願い一回だけ。もう会えないかもしれないから一回だけ」

その熱意に負けて、今日の午前中の早い時間帯にホテルに行った。夫は午後から退社して帰ってくると言う。夫もまさか午前中からホテルに行っているとは思わないだろうし、そもそもバレた直後に男に会うなんて思わないだろう。ある意味相手の心理の逆をついた作戦だったのかもしれない。

彼女とは最後のセックスをして別れた。激しく、泣きたくなるようなセックスだった。気持ちよさを通り越して、言葉にできないような痛みを感じた。

今のところ彼女からは連絡はない。

連絡してほしくなといという気持ちと、してほしいという気持ちが半々。

こんなに追い詰められても、まだ彼女への思いが残っているから不倫は怖い。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ