失いたくない……女の匂いに満ちあふれた今の生活

俺のセフレはミントC!Jメールで手に入れた超エロい女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
25歳 OL(ネイリスト)東京 北区mintj 2020年7月3日

家の中や庭にたくさん花を植えていると、花と花の匂いに囲まれた生活ができる。花好きの人はそういう生活を望んでいるだろう。自らそういう生活を望んで花を植えるのだ。

俺の生活はいま、女の匂いで満ちあふれている。

ミントC!Jメールで超エロい女を手に入れたのだが、その女は俺のセフレになり、ほぼ毎日セックスの相手をしてくれている。ラブホですることもあるし、マンションまできてくれることもあり、車の中でさっとすませることもある。彼女との関係は完全なセフレ。ちんことまんこの関係だ。

常に欲情したエロい女はいろんな匂いを振りまいている。

体臭、髪の匂い、石鹸の匂い、化粧品の匂い、そしてアソコの匂い。

俺の生活は女の匂いで満ちている。

俺はそういう生活を望んだ。

だから今の生活がある。

いつ壊れてもおかしくない体だけの関係

「明日マンションに来れるかな」

「昨日会ったばかりなのに?」

「セックスしたいから」

「本当に好きなのね、ハメるのが」

「好きだよ~」

彼女がマンションの部屋に入ると、花の香りがむっと立つように、女の匂いで満ちあふれる。セックス前提で会いに来る女は、欲情し牝の匂いを漂わせている。横文字でいうとフェロモンだろうか。エロい女は常にフェロモンを漂わせている。

間髪入れず唇を奪い、脱がしにかかる。シャワーなど使わせないし、彼女もそれを望んでいない。彼女は生の女の匂いをそのまま俺に送り届けてくれる。腋に漂う汗とコロンの匂い、髪のリンスの匂い、そしてむっとした陰部の匂い。嗚呼。

その関係を支えているのは男女の欲情だけだ。

まんこに入れたいちんこと、ちんこを入れてほしいまんこの関係。

だからちょっとした軋轢が生まれたり、関係に飽きてくると、たちまち壊れてしまう。心理的なつながりがほぼないから、体の切れ目が縁の切れ目なのである。

まあ、それでもいい。

できるだけ長く女の匂いに満ちあふれた生活を続けたい。

あと一ヶ月は行けると思う。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ