女なら誰でもいい。とりあえずセックスしたい

とりあえずセックスさせてくれ。穴を貸してくれ

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 OL大阪 豊中市pcmax 2017年10月11日

犬が西むきゃ尾は東、ではないが、精液が溜まってきたらセックスしたくなるのが男の生理というもの。これは至極自然の原理だ。

この場合相手がいれば当然セックスをするが、相手がいない場合オナニーで処理するしかない。本音ではセックスしたいと思っていても、入れる穴がなければ自分で処理するしかない。

女に恵まれない俺はずっとそうしてきた。

だがもう飽きた。

自分で自分を慰め、空中に、あるいは手のひらに、こっそり便器の中や風呂の床に、あるいはオナホールの中に放出するという空しい行為に飽きた。精液とは本来女の膣の中に出すもので、この崇高なミッションを忘れてはならない。自分で自分を慰めるオナニーは生物学的にいって邪道であり神の意思に反する。

女なら誰でもいいからとりあえずセックスさせてくれ。穴を貸してくれ。俺は藁にもすがる思いで出会い系の世界に足を踏み入れた。

やりまん女と行きずりのカーセックス

出会い系に来てびっくりした。

「女なら誰でもいいからとりあえずセックスしたい。誰か穴を貸してくれ」と思う男がいるのと同様に「男なら誰でもいいからとりあえずセックスしたい。誰か棒を貸してくれ」と思う女がいることを知る。

出会い系がこんなことになっているのなら、なぜもっと前にここにこなかったのかと無駄にした過去を悔やみたくなる。

俺は豊中市内に住む自称OLという女と知り合った。目つきも態度もやりまん的で、本当に会社勤めをしているのかどうか追及してみたいところだが、とりあえず穴を貸して欲しいので、ホテルに誘う。女も同じ目的らしく、当たり前のようにOKした。

香水をぷんぷんさせたスレンダーの彼女を助手席に乗せると、ムラムラしてくる。

「この車に女の乗せたのは初めてだ」

「ほんと? だったらうんと匂いをつけちゃおう」

そう言ってシートに身体をごしごしとこすりつけるのだった。そのとき豊かな乳が揺れて、俺はあやうく運転を誤るところだった。このままでは事故を起こしかねないと、人気のないところに停めて彼女を求めた。

彼女は少し怯えながらも挑戦的な笑みを浮かべてスカートの中の下着を引っ張り出し、脚を開いた。

ホテルまで我慢できずにカーセックス。「女なら誰でもいい」男と「男なら誰でもいい」女との獣のようなセックスが続いた。

カーセックスで2回射精なんて考えられるか? そこはまるでラブホテルだった。

女とは2週間くらい付き合って別れたが、車内にはむせるような女の匂いがまだ消えずに残っている。

その匂いを嗅ぐたびに女の穴を思い出し、また穴が欲しいと思うのだ。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ