女は耳で感じるから思い切り音を出してあげよう

フィニッシュの体位にバックを選ぶ理由

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
29歳 OL(アパレル系)愛媛 松山市愛媛 2016年10月21日

出会い系でセックス好きな女性と知り合ったら、やることはセックスしかない。そのアラサー女子もそのタイプで、会ったその瞬間から妖しい視線を投げかけてきて、あきらかにやり目の女だった。掲示板の写真やプロフから限りなくやりまんに近い女だと思っていたので、はなからその気でいた。

「ホテルでエッチでもする? さっきから顔にエッチしたい信号が出ているぞ」

「私の信号はいつでも青だから通りたいときに通っていいのよ」

なんて意味不明なことを言い、俺の手を握った。生理前なのかどうかしらないが、欲情しているようだ。

セックス好きの女の場合、多少マニアックなことをしてあげなければ感じない場合ある。とくに初対面の男に色目と使うような淫乱女は、教科書通りのセックスでは満足しない。

俺は「音」を出すことにした。女は耳で感じる生き物だから、音を効果的に利用する。

初セックスではフィニッシュでバックセックスを選び、パコパコと音を立てて突いた。餅つき、とも言われるこのプレイは、男の前半身下腹部が女の尻肉をたたくときに発する卑猥な音が、女に性的興奮をもたらす。

パコパコ パコパコ

彼女は正常位のときより強く身悶え、貞子のように長い髪を振り乱して絶頂に上っていった。

最初からバックセックスを要求するようになった彼女

バックセックス(後背位)の体位は動物の交尾を連想させる。正常位で交尾するのは人間くらいのもので、鯨など海に住む動物をのぞき哺乳類はすべて後背位で交尾する。そのせいか後背位でパコパコ音を出すと、野性的な気分が高揚し、眠っていた獣性が目覚めるのだ。自虐的になる、と言ってもいいかもしれない。

彼女はそのパコパコ音が気に入ったようだ。

音のことは口にしないが、最近ではフィニッシュ時だけでなく、最初からバックセックスを要求するようにもなった。

「ねえ、後からいい? 私は後からされるのが好きみたい」

最初から最後までバックでパコパコ突きまくったこともある。彼女だけでなく俺も獣性にめざめ、尻肉をたたきながら太股をスパンキングしたり、精液を背中にぶっかけたり、アブノーマルなことをするようになった。

セックス好きの男女は、どんどんセックスを進化させて行くもんだね。

たとえばSMプレイなんてのは、こういうプロセスを経て到達する境地なのかもしれない。

今度上半身を軽く縛ってからバックセックスしようかと考えている。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ