妻以外の女性と初めてセックスした夜のこと

やったらお終い……でも、やらなきゃ損

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
29歳 OL(商社・受付)京都 京都市yyc 2019年1月19日

ほんの気まぐれでYYCに登録した。

最初は本気で不倫なんてしようという気はなく、欲望の一部をちょっとだけ満たしてみたいと思って、登録したのだ。送信ボタンを押して入会が決まったとき、たまらない興奮が来た。妻からちょっとだけ遠ざかり、妻以外の女性にちょっとだけ近づいた瞬間だった。

子どもが生まれてから夫婦のセックスがなくなり、正直欲求不満がたまっていた。妻は初めての子育てで忙しくセックスどころではない。僕も育児は手伝うが、子どもに接していると、たしかに夫に抱かれたいなんて考えないだろう。僕も子どもと格闘しているとき、妻を抱きたいとは思わないから。

毎日サイトを訪れ、妻以外の女性を見て回った。その中でひときわ輝く女性がいた。京都市在住のOLさんで、熱い恋をしたいと書いていた。

(メールしてみようか)

悩んだあげく、メールした。送信ボタンを押したとき、たまらない興奮が来た。妻以外の女性に大きく近づいた瞬間だった。

「会ってもいいですよ……わたし、既婚男性でもいいんですから」

(会おうか)

悩んだあげく、会うことに。

やったらお終い……でも、やらなきゃ損。

妻以外の女性と。

後悔と感動がいっぺんに押し寄せて、ぼーっとしていた

会社の受付をしているとあって、とてもいい女だった。見た目もいいが、性格もよろしく、妻とはまるで違うタイプだった。初日はお茶を飲んで歓談しただけだったが、まったく別の次元の世界に紛れ込んだような錯覚におちた。こんな魅惑的な世界があったのかと、なんでもっと前にYYCに登録しなかったのかと悔いたくらいだ。

二人は自然に男と女になる道を選択したようだ。互いに雰囲気を作り、互いを互いの思う境地に導こうとする。僕も必至だった。ほとんど本能にまかせ、妻以外の女性を獲得するために躍起になった。

まぐわったのは出会ってから2週間後のこと。互いの仕事が終わったあとに軽く飲みに行き、そのあとラブホに入った。

僕自身セックス経験は豊富だったが、その夜はまるで童貞だった。初めて女体に接触するような純真なていで、20代の女の体にのめり込む。

(ああ……やってしまった)

放精したあと、そう思ってため息をつく。

後悔と感動がいっぺんに押し寄せて、ぼーっとしていた。

彼女とは今でも不倫交際している。互いに心もつながり、束縛し合う仲になった。

容易に別れられるとは思えず、ふっくらして美しくていい体をした重たいものを毎日引きずっている気分。

妻以外の女性は、重い。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ