巨乳でも貧乳でもない普通乳に多い美乳

美乳マニアは最初から普通乳を狙う

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30歳 OL(信用金庫)福島 いわき市pcmax 2020年9月13日

白い乳肌。

なだらかな稜線。

見ていて心地よい膨らみ。

幽かな揺れ。

薄いピンクの乳輪と丸く勃った乳首。

ああ、美乳。

俺は乳が好きだが、なかでも「美乳」が好きである。乳は美しくなくてはならない。女の顔は美しいほうが好まれるが、乳も同じで、美乳であればあるほど男は死ぬ。俺も美乳で死んでみたい。

一か月ほど前にPCMAXに登録したときも、頭の中には美乳があって、美乳との出会いを心から祈っていた。

ところで俺はどんな女を探したか。

巨乳でも貧乳でもない、普通乳の女である。バストのサイズはCの上からDの下あたり。これがE以上になると巨乳なので、美乳は少ない。

ちなみに巨乳を美乳と勘違いする輩がいるが、デカい乳は決して綺麗ではない。大味でおおざっぱで、動物的だ。貧乳は言わずもがな論外である。貧しさの中に美はない。

俺は普通乳を探し、そしてゲットした。

いわき市に住む30歳のOLだった。

はだけたワンピの谷間が美しく輝いている写真に釘づけになった。

デカすぎでもいけないし小さすぎでもいけない

待ち合わせ場所に来た彼女は白い歯を見せて笑顔だったが、俺はまず乳を見た。

写真とは色違いのワンピを着ていたが、胸の状態は期待以上で、Dカップ見当の美乳と思われた。なまめかしく膨らみ、その綺麗な乳の稜線が服の上からでも確かめられた。

「初めまして」

と彼女。

俺は一応顔を見て微笑んだが、すぐに視線を美乳に戻し「初めまして」と改めてあいさつした。

肉体関係になったのはそれから二週間後のことである。

彼女が真面目な性格なので時間が必要だったのだ。俺はその二週間、毎晩のように彼女の美乳を想像してオナっていた。

そしてついに生の美乳を堪能する時がやってきた。

「ああ、きれいだ……きれいなおっぱいだ」

裸になった彼女を見て、思わずそう口走る。

「やあだ、もう、エッチなんだから」

大きすぎず、小さすぎない。適度な膨らみ。これぞ美乳。

俺は彼女の美乳を揉んで舐めて吸って、甘噛みした。

その瞬間、俺は死んだ。

死んでからのことはよく覚えていない。

コンドームを二個使い、三回目は生で発射したことは覚えている。

今回の利用サイト [PCMAX]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ