巨根は喜べない? 彼女の処女奪取に失敗した話

興奮! 21歳女子大生の処女が目の前に

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
21歳 女子大生静岡 静岡市静岡 2016年11月9日

4日前の話。

悲劇のようで喜劇のような、本当にあった話だ。

出会い系で知り合った女子大生がいるのだけど、4日前にラブホテルに行った。

彼女はまだ処女で、記念すべき愛のロストバージン記念日になるはずだったのだが、見事セックスに失敗し、彼女の処女膜を貫通することができなかった。

少しだけ挿入できたような記憶もあるが、全く出血がなかったので突破してはいないだろうと思う。せっかくラブホまでいってセックス体制に入ったのに、彼女はいまだ処女のまま。4日前から何となくぎくしゃくして、音信不通になっている。

理由は俺の巨根。

デカすぎで入らなかったのだ。(爆笑)

勃起したら長さは20センチ。亀頭の幅5.5センチ。竿の周囲15.5センチにもなる。初心者用のタンポンがようやく入るくらいの可憐な処女チャンの膣に、こんな恐竜級の一物が入るわけがないではないか。(悲笑)

俺は目の前に横たわる女子大生処女の肉体に興奮し、バリバリ勃起させた。

可愛いピンクのお口にぎゅっとねじ込もうとするが、入口の、さらに入口の部分で固く拒否される。相撲を取る以前に土俵に上がれない感じだった。

なんでそんなに大きいの? むりむりむり~

痛がる彼女が俺の巨根を見た。

「きゃっ! なんでそんなに大きいの? むりむりむり~」

と体を反身にし、股を守りながら手を振ってNGサイン。

「でもこれしか持ってないしな。ほかの男のものを借りるわけにはいかないしな」

「なんでええ・・・? なんでそんなに大きくなったのお?」

「知らねえよ。文句があるんなら俺の親父に言えよ。親父のもでっけえから」

「やだああ。もう」

彼女は完全に委縮してしまい、セックスする気も失せたようだ。経験的に言って、女の心がいったんセックスから離れたらもとに戻すのが極めて困難。膣も乾燥し、潤いが戻るのは当分先だ。

俺は部屋の隅っこに移動して煙草を吸った。

嫌われた恐竜はしゅんとして、酔っ払いのチンコのようにだらんと垂れ下がった。

あれから4日が経つ。

今晩にでも謝罪のメールを送るつもりだが、何をどう謝ればよいのかよくわからない。

それより、今後どうやって彼女の処女膜を貫通させよう。

ソープランドにでも行って、ソープ嬢に相談してみようかとも考えている。セックスのプロなら、いいアイデアを持っているかもしれないからね。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ