彼女はイラマチオのことを「のどまんこ」と呼ぶ

のどまんこしてください…イラマチオが好きな彼女

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
26歳 介護福祉士大分 大分市yyc 2018年7月12日

「ねえ…のどまんこして」

2回戦目にはいる時、彼女が俺のペニスをしごきながら言った。

「のどまんこ」とは、俺と彼女の間で交わされるイラマチオの隠語だ。

YYCで知り合った彼女はスケベな介護福祉士。ストレスをセックスで発散しているというが、Mの気質も混じっていて、目隠しやスパンキングなどを交えたソフトSMプレイがお気に入り。

以前はそんな性癖はなかったというが、介護の仕事を始めてから凌辱されることの快感に目覚めたという。

「虐められるようなセックスをすると、あのつらい仕事も乗り越えられるの」

初めてイラマチオをしたとき、彼女は数日間「のどちんこ」のあたりに違和感があったようだ。それでこのプレイの隠語がのどまんこになった。

「のどちんこ」は正式には「口蓋垂(こうがいすい)」と呼び、もちろん女にも存在する器官だが、女の場合も「のどちんこ」と呼ぶのは違和感があり、またイラマチオのイメージが「のどちんこ」より「のどまんこ」に近いことから、この隠語になった。

言い得て妙である。

苦しみながら歓ぶドMな彼女

「顔が女性器になったみたいで、されているとき自分がいなくなって嬉しい」

忘我の境地に浸るのだろか。イラマチオは気分転換やストレス解消には持ってこいかもしれない。

「だったらやってあげるよ…そのかわり今回は飲んでもらう」

「ええ? 飲むの?」

「二回目だから量は少ない」

俺は立ちあがると、正座している彼女の口の中にそそり立ったものをぶち込む。そして頭を掴むと、容赦なく抽送運動を始める。唇から喉までの長さは8~10センチほどなので、俺の15cmペニスを出し入れしたらどんなことになるか想像できるだろう。

亀頭部分はのどちんこを突き抜けて食道に達する。脳は異物進入とみなし食道に「嘔吐しなさい」と命じる。

「おえっ…おおおえええっ!」

何度もむせび、涙を流す。

最後はのどちんこのあたりに射精。

最近、彼女の唇が小陰唇に見えてきた。

口が膣で喉が子宮。

「のどまんこ」とはよく言ったものだ。

今回の利用サイト [YYC]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で300円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ