性的に意外と淡白だった元ピンサロ嬢

ハピメで知り合ったエロ系お姉さんは元ピンサロ嬢

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
20代後半 無職(元ピンサロ嬢)山口 岩国市happymail 2021年3月19日

ぽっちゃりめだが色白でえくぼが可愛い女をハピメで見つけた。他にも言い女はたくさんいたが、彼女に惹きつけられた。どこか男好きなオーラがあって、この女をつかまえたらいい思いができるのではないかと考えた。

彼女はすんなり会ってくれた。歯医者さんに行くから、その帰りでいい? みたいな庶民的なことを言い、その通り歯科通院のあとに待ち合わせ場所に来てくれた。やはりエッチなオーラがある。物静かであまり笑わず、内面には陰があったが、どこか惹きつけられる。

「ホテルで遊びたい」

冗談半分で言ったつもりだが、彼女はそれでもいいと言ってつきあってくれた。この女をつかまえたらいい思いができるのではないか、という期待がそのまま現実になる。

話をきくと彼女は元ピンサロ嬢。

なるほどなと思った。

ピンサロにいたときは仕事だと思って割り切ってたから

福岡に住んでいたときにピンサロで働いていたらしい。コロナ禍で仕事がなくなって実家に戻り、今は何もしていないらしい。ピンサロ嬢だとわかるとかぜん燃えてくる。ピンサロといえばディープキス天国。フェラ天国。クンニ天国。期待せずにはいられない。この女をつかまえたらいい思いができるのではないか、という思いはさらに大きく膨らんだ。

「さ、さっそくフェラしてくれない?」

「フェラするの? 今から?」

「そう」

ベッドインしてすぐにフェラをしてもらう。だが舌や唇、顔の動きは淡泊で、元プロのそれではなかった。これなら素人のフェラと大差ない。勃起はできたものの、このまましてもらっても射精には至らないと思ってフェラをやめ、セックスに突入。そのセックスも淡泊で、あまり盛り上がらなかった。

「元ピンサロ嬢じゃないみたいだ……緊張してる?」

「別に。ピンサロにいたときは仕事だと思って割り切ってたからね」

「仕事……」

「お金もらってるし……わたしそんなにエッチ好きじゃないもの」

彼女とはその日限りだった。

なんだか女の悲しさのようなものが色あせたピンクブラジャーに漂っていた。

今回の利用サイト [ハッピーメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ