挿入寸前まで自分が処女だと言わなかった27歳女

処女喪失目的で出会い系にくる女が増えているそうだが

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
27歳 家事手伝い愛媛 松山市愛媛 2017年2月6日

処女喪失目的で出会い系に来た女性について書いてみたい。

処女、しかも高齢処女を捨てるために出会い系に来る女性が増えているらしいが、まさかこの僕がその相手になろうとは思わなかった。

彼女は出会い系で知り合った家事手伝いの27歳。

初回のデートはとても盛り上がった。

僕が無口なので、彼女も無口だったらどうしようと考えていたが杞憂だった。会話好きの明るい女性で、おしゃべりが途切れることがなく、明るいデートになった。出会った当初の会話は重要である。デートが楽しくなるか否か、二人が長続きするかどうかは会話力にかかっていると言っていい。

その夜からおやすみメールもするようになった。

僕のほうから「また会おうね。おやすみ」と送ると「また会いましょう。おやすみ」と返事が来る。お互いの距離が少しずつ近づいている証だった。

ところで彼女の過去の男性関係が気になる。

社会人経験のない家事手伝いだったら男性に出会う機会などないはず。それとも出会い系で知り合った相手が過去にいたのだろうか。

いろいろ考えたが、27歳という年齢を考えると、処女というのはまずありえないだろうと思った。

処女を喪失したら急にクールになった彼女

デートを重ねて互いの心理的距離が近づくと、互いにボディタッチしたくなる。ボディタッチすると今度は手をつなぎたくなり、手をつなぐと抱きしめたくなる、抱きしめるとキスしたくなり、キスするとセックスしたくなる。こうやって男と女は男と女になる。

僕と彼女も例外でなく、デート5回目でラブホテルに行った。

でも彼女の髪のおろし方、服の脱ぎ方ともに淡々としていて、まるでこれから健康診断でも受けるかのように事務的だったのが気になった。

「脱がせっこしよう」

なんて言おうと思っていたが、思いとどまった。

ベッドの横で抱きとめてキスし、そのまま倒れこんだとき、彼女が意外なことを口にした。

「エッチするの初めてなんだ」

まさか処女だとは思わなかった。俺は彼女に気づかれないようにんそっとバスタオルを引き寄せた。インサートするとき、それを尻の下に敷こうと思ったのだ。

穴は無事に貫通したが、単純に喜べない気分。

その後の彼女の態度が以前と明らかに変わったからだ。饒舌にしゃべらなくなったし、あまり笑わなくなった。

「どうしたの? あんなにおしゃべり好きだったのに。昨日のホテルからなんだか別人みたい」

「そうかしら。私はもともと無口なほうだと思うけど」

その夜から俺はメールで「おやすみ」と書くだけで「また会おうね」とは書かなくなった。「もう会いたくない」と返事がきそうで怖かったのだ。すると彼女からも「おやすみ」だけしか返ってこなくなった。

もしも処女喪失目的で出会い系に来たのであれば、僕の存在価値はすでに消えていると言ってよい。

はじけるような明るい会話は、高齢処女喪失のためのお膳だてに過ぎなかったのか。

彼女がいつ別れを告げてくるか気が気でない。

今回の利用サイト [ワクワクメール]


(上記のバナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,200円分のお試しサービスポイントプレゼント中!

管理人のサイトレビュー  管理人の出会い体験談




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ