浮気の罪悪感が浮気を後押し~杏子さんの浮気~

浮気していることを悩んでいる杏子さん

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
30代後半 主婦広島 広島市mintj 2020年10月10日

世の中の人妻たちがどういう動機で出会い系サイトに登録し、どんな心理状態でどんな相手とどんな風に遊んでいるかは千差万別だろうけど、彼女たちに共通して言えることは「浮気している」の一言である。

理由が何であれ、彼女たちが貞操を守らず不貞を働いていることは事実である。

ミントC!Jメールで知り合った人妻の杏子さん(仮名・自称30代後半)もその一人で、夫とのセックスレスに耐えかねて出会い系にきたようだ。

浮気は悪いことだとわかっていながら、その罪悪感が興奮の材料になって、なかなか出会い系浮気セックスを止めることができないでいる。

「悪いことをしていると思えば思うほど、ジンと濡れてきちゃって」

「要するにセックスしたくてたまらないんですね」

「……」

「そうでしょ? したくてたまらないでしょ?」

「うん」

「杏子さんの罪悪感は罪悪感じゃないですよ。自分に酔ってるだけですよ」

本当に夫に悪いと思っていたら最初から浮気しない

29歳で結婚し、30代の半ばくらいまでは、不定期にも夫との営みがあったらしい。

だが秋風が吹くというか、だんだんと夫婦のセックスに飽きてきて、互いに対する肉体的興味も薄れ、子供も二人で来て妊娠する必要もなくなったことから、セックスレスになったという。

だが女の性欲は30代から40代にかけて急激に膨らんでいく。

日々の欲求不満をオナニーでごまかすも我慢できず、ついに浮気に走ってしまった。

「ああ、もう引き返せないのかしら……夫バレしたらどうしよう」

「だったら止めちゃえばいいじゃないですか。きれいさっぱりと」

「でもね……いつも言うけど、浮気のスリルって、独特の刺激があるのよね」

「でしょ? 杏子さんは浮気を楽しむために、それを演出するための罪悪感を一時的に作りだしているだけですよ。本当に夫に悪いと思っていたら最初から浮気しませんよ」

「かしら」

こういう人妻が一番たちが悪い。

夫バレしても最後まで悪びれることなく、自分を正当化するだろう。

落ちるところまで落ちていくしかないのだ。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ