理性なんかではとても抑えられない人妻の性欲

悪いとは思うんだけど、体が勝手に不倫を求めて……

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
39歳 専業主婦高知 高知市mintj 2021年3月27日

「揉んで……揉ん、でっ」

俺はアラフォー人妻の二つの巨乳を絞るように揉みあげ、先端の大きな円を口に含み、口の中で乳首を転がした。

「ああん……いい、すっごくいい」

人妻の性欲を固めて白い肉にしたような女だった。ミントC!Jメールで知り合ってすぐにホテルに入り、ラブチェアに座っていちゃいちゃしながらトークしたが、出会い系に来たのは体のせいだと言った。不倫は悪いことだからできればやめたいが、体が言うことをきかないのだという。疼くように性欲がわき起こり、男を求めてしまう。

「女って厄介な生き物よね」

「男だって同じですよ」

「いや。男より女のほうが……男は出しちゃえば終わりだけど女は終わらないもん」

「マンコ舐めていいですか」

言うとすがりついてきた。バスタオルから巨乳がこぼれ、グロテスクな乳輪が顔を出した。

「舐めて舐めて。死ぬまで舐めて」

人妻の性欲は凄い。

「もう一回して……」激し過ぎる人妻の性欲

毛が薄く形がくっきりした恥丘やマン筋、クリトリスを舐めていると巨乳のことを忘れ、巨乳を揉んだりしゃぶったりしていると下半身のことを忘れる。俺は白い肉体を行ったりきたりし、強い勃起状態を保ったちんぽを肌に擦り付けながら前戯に酔った。人妻の性欲は徐々に熱くなり、火のように燃え広がっていく。ホテルの部屋の照明は薄い白だったが、時間がたつにつれて赤く見えた。

そしていよいよ本番。俺は爆発寸前のちんぽをぬめった壷に挿入し、奥まで突っ込んだ。

「あああんっ、凄い……すご、い」

俺の背中をかきむしりながら身悶える。

足で俺の胴体を挟んで腰をくねらせる。

―これが人妻の性欲……人妻のセックスか―

射精して人妻から離れ、甘い余韻にひたっていたそのとき、人妻が精液まみれの俺のちんぽをつかんだ。

「もう一回して……」

「もう少し休憩したいです。まだ勃起できません」

「あと何分くらい?」

「15分くらい、です」

「待ってるね」

激し過ぎる人妻の性欲。

君も出会い系で人妻と知り合ったら気を付けろ。

ちんぽが何本あっても、精液が何リットルあっても足りないぞ。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2021最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ