真面目そうなOLの赤貝は生臭かった

人事部所属の真面目系のOLと出会った

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
27歳 OL滋賀 長浜市mintj 2017年10月14日

企業の人事部に所属しているという真面目そうなOLと出会った。

笑顔が素敵で、社内でも人気があるのではないかと思われた。それでも出会い系に来たのは、社内にいい男がいないからなのだそうだ。

食事に誘い、奮発して寿司を食べに行った。こんな時ではないと寿司なんか食べられないだろう。彼女は食欲が旺盛で、そんな寿司ネタでも抵抗なく口にした。

そんなとき目の前に赤貝が登場した。

―似ている―

俺は頭の中で赤貝とマンコを重ね合わせていた。かたちといい、色といい、ヌメヌメ感といい、赤貝はマンコそっくり。

それをぱくっと口にする彼女を見て、共食いではないかと思ったほど。

―彼女の赤貝が見たい―

俺の妄想はそんな風に膨らんだ。

彼女と会話しながら、俺は赤貝ばかり見ていた。

毛の生えた綺麗な赤貝に唇を寄せたそのとき

その日はそれで別れたが、気持ちが投合し再会を約束した。再会の日までメールも絶えなかった。

俺はあれからずっと赤貝のことばかりが頭にあった。次のデートで是非ホテルに誘い、彼女の赤貝を手に入れたい。

そして再会し、軽くお酒を飲み、いいムードになったところでホテルに誘ったらOKになった。

それぞれシャワーを浴びてベッドイン。

キスしておっぱいを揉んで、背中を愛撫し、女の体がほぐれたところで脚を開いて、毛の生えた部分を視た。

―あった・・・・赤貝だ―

薄い毛の生えたサーモンピンクの濡れた赤貝がぷっくり口をあけて俺を見ている。俺は興奮を抑えながらそっと唇を近づけた。

そのとき異臭がもわっと立ちこめたのだ。

生臭い魚介のような匂いで、マンコがこんな匂いがするとは思わなかった。正直苦手だと思ったが、彼女に悪いから「臭せえな」とは言えず、そのまま舐めるしかなかった。

特に問題なくセックスを終えたが、彼女の女性器の匂いだけがインパクトを持って記憶にやきついた。

でも赤貝は魚介なのだし、赤貝に似ているマンコが魚介の匂いがして当然なのだ。

俺はそう合理的に考えて彼女のマンコの匂いを乗り越えようとしている。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2020最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

このページの先頭へ