真面目な僕たちの初セックスの場所

初セックスはきっと可愛いファッションホテルになるだろう

出会った女性出会った場所利用サイト投稿日
22歳 フリーター福井 敦賀市mintj 2022年6月6日

男女はどこで火が付くか知れず、火が付いたら燃え尽きるまで燃え続けるしかない。

昨日、そのことを実感した。

彼女と知り合ったのは一か月前のことである。

ミントC!Jメールにいた彼女は22歳のフリーターで職業も僕とほぼ同じだった。正社員への就職に失敗しアルバイト掛け持ちで暮らしている。不安だがこれもまた気楽なので、焦って正社員になることもないだろう。そんな考え方も似ていて相性もよかった。彼女の純真な笑顔が好きだった。前に彼氏がいたようだがそんなことはどうでもいい。僕は今の彼女しか見ていない。

「付き合ってくれますか」

「こちらこそ」

プラトニックなときめきに、出会い系サイトのすばらしさを感じた。

僕も男であるから、彼女との初セックスのことを妄想してはいた。

ふたりに相応しいのは可愛いファッションホテル。

そこでロマンティックに結ばれるのだ。

そのとき、彼女と屋外セックスすることになろうなどとは考えてもいなかった。

デートの帰り道でムラムラして公衆便所の裏で屋外セックス

出会って一か月近くセックスなし。

手をつないだり腕を組んだりしたことはあるが、ハグもキスもなかった。

それは昨晩のことだ。

お酒は飲めるけどぜんぜん強くないという彼女を誘って飲みに行った、彼女と飲むのは初めてだった。

普段の会話がやや砕け互いに饒舌になった。普段にない愉しみがあって女のほころびも目に付き、酒の力も手伝って、オスのムラムラが起こってきた。

(ああこの子とセックスしたい……)

そして飲んだ帰りがけ、トイレに行ってから帰ろうと公園の公衆便所に彼女を連れていき、強引に裏に連れ込んで唇を奪い、抱きしめて乳を揉んだ。

「ここでは、や」

「もう止められない」

すでにはちきれんほどに勃起し、俺はたけり狂うオスになっていた。

彼女はそれから特に抵抗することなく屋外セックスを受け入れた。スカートをめくって下着を下し、壁に手をつかせて立ちバックで結合。最後は膣外射精した。

ファッションホテルでセックスするはずだったのが屋外セックスに。

男女はどこで火が付くか知れず、火が付いたら燃え尽きるまで燃え続けるしかない。

彼女もきっと同じことを実感していたはずだ。

明日また会う約束をしたが、きっとまたセックスするだろう。

今度こそファッションホテルか?

いやわからない。

火が付いた場所が、セックスする場所なのだ。

今回の利用サイト [ミントC!Jメール]


(上記バナーから安全に公式サイトにアクセスできます)

今なら無料登録で1,000円分のお試しサービスポイントプレゼント中!




無料ポイント発行中・月額固定費0円!安全な出会い系サイトランキング2022最新版


人気の記事をピックアップ

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

  • no articles

このページの先頭へ